人間ってどんな存在? 「研究室」に行ってみた。川端裕人さん

ナショナルジオグラフィック日本版

ナショナル ジオグラフィック日本版サイトに連載中の川端裕人さん(写真・内海裕之)

文筆家・川端裕人氏がナショナル ジオグラフィック日本版サイトで連載中の「『研究室』に行ってみた。」は、知の最先端をゆく人物を通して、世界の不思議や課題にふれる人気コラムです。NIKKEI STYLEに転載されたシリーズから、人間の社会や健康にかかわるラインアップを紹介します。

日本の「移民」を考える

  国士舘大学 社会学 鈴木江理子さん

鈴木江理子さんはNPO法人「移住者と連帯する全国ネットワーク」の副代表理事もつとめ、外国人を支援している(写真・内海裕之)

「移民」について考えることは、U22世代が新しい社会を築くためのヒントを与えてくれます。同じ時代、同じ社会を共に生きるという視点を通して、一人ひとりの人間の見え方が変わるかもしれません。

(1)実は身近に300万人超 日本はすでに「移民社会」

(2)戦前から現代まで 日本で暮らしてきた多様な「移民」

(3)外国人労働者が苦しむブラック職場 制度の看板と矛盾

(4)セクハラ・介護… 「移民」も直面する日本の社会問題

(5)日本人って、私って何? 「移民」を通して見えてくる

オーダーメイドの精密医療めざす

  東京大学 大学院新領域創成科学研究科 松田浩一さん

松田浩一さんが運営者を務めるバイオバンク・ジャパンには27万人ものDNAが保管されている(写真・内海裕之)

一人ひとりのDNA情報をもとに予防を含め適切な治療法を選ぶ「精密医療」。多くの人々の救済につながる研究ですが、松田浩一さんの胸には、希少疾患に苦しむ患者への思いがずっとともっています。

(1)リスク高い病気、ゲノムで照準 精密医療で予防・治療

(2)食道がんのリスクを189倍にする要因 精密医療で判明

(3)十二指腸潰瘍リスク、O型はAの1.43倍 精密医療の目

(4)不要な検査、薬の副作用防ぐ 精密医療はコストも抑制

(5)整形外科医がゲノム研究者になる理由 精密医療への道

栄養疫学が迫る「健康」の根拠

  ケンブリッジ大学 医学部上級研究員 今村文昭さん

ケンブリッジ名物の「数学橋」を背景に立つ今村文昭さん(写真・川端裕人)

食べ物の効果や影響を考え、その要因や対策を追究する「栄養疫学」。同じ「よくわからない」という結論でも、その根拠の深さに大きな差があること、そして情報をうのみにする怖さを教えてくれます。未知のウイルスに向き合うときのヒントにもなるかもしれません。研究者の濁りのない目がみつめる先にも注目です。

(1)その食品、健康にいいって本当? 栄養疫学が問う根拠

(2)キャノーラ油の起源と社会貢献 栄養疫学の研究とは

(3)専門家の「体にいい」は信用しない 栄養疫学の厳しさ

(4)「甘い飲料で糖尿病」どこまで正しい 栄養疫学が迫る

(5)世界水準の栄養疫学者ができるまで 幅広い応用も視野

(6)こんなサプリメントにご用心 栄養疫学が教えるリスク

(7)「白米はダメ」ホントかウソか 栄養疫学、食文化に目

(8)どんなダイエットにも落とし穴 栄養疫学のアドバイス

(9)学術誌の論文もピンキリ 栄養疫学の知見、どう生かす

ヒトをCGで再現できるか

  早稲田大学 先進理工学部 森島繁生さん

映画の観客自身をその映画に登場させて楽しませる「フューチャーキャストシステム」を開発した森島繁生さん(写真・内海裕之)

生きた人間の動き、とくに「顔」をCGで再現する研究がテーマです。人工知能(AI)を使ってより実物に近いコピーを生み出そうとすると、かえってまねが難しい人間らしさの価値に気づく、そんな面白さがあるようです。表情豊かに顔と向き合う師弟の姿も伝わってきます。

(1)その人らしさって再現できる? 「顔」にCGで迫る

(2)顔の過去と未来、CGが描く 「動き」にも本人らしさ

(3)映画の主人公、顔だけ僕と入れ替わり 高速でCG作成

(4)CGが照らす日本アニメ 口の動きや背景、より自然に

(5)CGの申し子たち、AI時代の世界へ 文化の「顔」に

川端裕人(かわばた ひろと)
1964年、兵庫県明石市生まれ。千葉県千葉市育ち。文筆家。小説作品に、肺炎を起こす謎の感染症に立ち向かうフィールド疫学者の活躍を描いた『エピデミック』(BOOK☆WALKER)、夏休みに少年たちが川を舞台に冒険を繰り広げる『川の名前』(ハヤカワ文庫JA)、NHKでアニメ化された「銀河へキックオフ」の原作『銀河のワールドカップ』(集英社文庫)とその“サイドB”としてブラインドサッカーの世界を描いた『太陽ときみの声』『風に乗って、跳べ 太陽ときみの声』(朝日学生新聞社)など。
本連載からのスピンアウトである、ホモ・サピエンス以前のアジアの人類史に関する最新の知見をまとめた『我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち』(講談社ブルーバックス)で、第34回講談社科学出版賞と科学ジャーナリスト賞2018を受賞。ほかに「睡眠学」の回に書き下ろしと修正を加えてまとめた『8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識』(集英社文庫)、宇宙論研究の最前線で活躍する天文学者小松英一郎氏との共著『宇宙の始まり、そして終わり』(日経プレミアシリーズ)もある。近著は、「マイクロプラスチック汚染」「雲の科学」「サメの生態」などの研究室訪問を加筆修正した『科学の最前線を切りひらく!』(ちくまプリマー新書)
ブログ「カワバタヒロトのブログ」。ツイッターアカウント@Rsider。有料メルマガ「秘密基地からハッシン!」を配信中。
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束