WOMAN SMART

女と男のいい分イーブン

義理ほど高いものはない ホワイトデーの憂鬱

2013/3/11

女と男はなぜ違う。職場で、家庭で、日々繰り返されるこまごまとしたすれ違いをテーマに、読者の皆さんも一緒に語り合いましょう。今週のお題は「ホワイトデー」です。

■マナーと言われ 今年も行列

30代既婚草食系

いつも3月13日の夕方には、近くの百貨店に繰り出している。バレンタインデーにもらった義理チョコのお返しを、菓子売り場で調達しておかなければならない。クッキーやチョコレートの銘柄に詳しいわけではないので、一番長い列を見定めて並ぶ。もっとも、列をなしている他のおじさんたちも、銘柄を理解して並んでいるのかどうか、分かったものではない。

若いころ、職場で義理チョコをもらった時には、手放しでうれしく感じたものだ。職場に好きな女性がいて、その人からもらえた瞬間はときめいた。だが思い出はセピア色に変わり、近ごろは、バレンタインデーよ、なくなってくれとぼやいている自分がいる。

なにしろ、お返しが面倒なのだ。昔はもらいっ放し、食べっぱなしだったが、カミさんから「返すのがマナーよ」と教育されている手前、放っておくわけにはいかない。小さな義理チョコに一人で大きな返礼をしたら、どう誤解されるか知れないので、同僚の男性たちを巻きこむ。代表して調達に出かけ、あとで諸氏から集金するのだが、忙しくて徴収しきれないこともある。ああ、この役回りはそろそろ卒業したい……。

イラスト 松川 久美

■我が子のお返しにハラハラ

アラフォー既婚

「息子のお返し、どうしよう」。ホワイトデーが近づき、頭を痛める小学校のママ友は少なくない。シールのセットで済ませる人もいれば、カラフルな髪留めやカップケーキを手作りするママも。息子が18個ももらったと苦笑いするママもいる。

子どもが幼いころのバレンタインチョコは、母親が男の子に「仲良くしてくれてありがとう」と気遣って贈るものであることが多い。だから、男の子のママたちの悩みの種になる。「迷惑」と公言する人はいるし、「恋愛なんてまだ早い」と、女の子にお門違いの嫉妬をするママもいて、あぜんとしたことがある。

もっとも我が家の小学生女子はホワイトデーなど気にしていない様子。今年のバレンタインデーは20人分のチョコを作ったが、すべて女の子の友達にあげる「友チョコ」。当日みんなで交換したので、お返しをされるはずもなく一安心。

「好きな男の子にあげたりする子はいないの?」。一応聞いてみると、「えっ、男子なんかにあげるわけないじゃん」とのこと。お返しがこないホワイトデーに、夫はちょっとにんまりしている。

会員の皆さんはこちらからコメントを投稿できます。投票結果は非会員の方もこちらでご覧になれます。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
吉種怜 遠回りキャリアこその太い軸、迷ったらGO
日経DUAL
帰宅時や店内で…7つのイヤイヤ悩み 現実解は?
日経ARIA
「黒字企業で評価A」のあなたも早期退職の対象にな
日経doors
ハヤカワ五味が実感する読書 「筋トレと似ている」
ALL CHANNEL