エンタメ!

歴史博士

常に開かれている浄土の扉 古きを歩けば(51) 西本願寺の総門(京都市)

2013/3/26

京都都市計画の変遷映す

総門をくぐった正面通の両側には仏具店などが立ち並ぶ

 総門のそもそもの役割は、門徒や商工業者らが住む寺内町と仕切ることにあったようだ。その証拠の1つは門扉。門は仏具店や雑貨店などが立ち並ぶ正面通方向ではなく、現在の堀川通の往来に向かって開く構造。あくまでも西本願寺の備えとして造られたのだ。

 西本願寺によると、かつて総門は複数設けられていたという。古文書などに「北総門」「南総門」などの記述があるためで、その中で現在残っているのが正面通りの総門ということらしい。

【アクセス】JR京都駅から徒歩約10分

 総門が建立されて約300年。西本願寺の側から総門を臨むと開いた門扉の向こうに正面通に立ち並ぶ仏具店が見え、正面通側から臨むと堀川通を行き来する車両越しに西本願寺の御影堂門が目に入る。事情を知らなければ不思議な立地に思える門だが、その変遷をたどると同寺の寺域整備の様子ばかりでなく、京都の都市計画の一端までをも語ってくれる建造物の1つだ。

(文=編集委員 小橋弘之、写真=尾城徹雄)

【関連キーワード】

総門西本願寺

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL