Keyword もう気持ち寛ぎたいビジカジに「スキッポロ」を

DRUMOHR(ドルモア)

大人の色気を醸し出せる計算されたVの開き

ビジカジ姿に上品に寛(くつろ)ぎ感を取り入れたいとき、ハイゲージ編みのニットポロは定番。そこからもう一歩先に進みたいならスキッパーポロに挑戦したい。自然に開く襟が粋なムードを演出してくれる。こちらはボディーを細ボーダーで切り替えており、定番の紺スーツにヒネリを効かせたいときにうってつけだ。コットン100%。3万円(バインド ピーアール)

スーツ11万5000円/タリアトーレ(トレメッツォ)

Variations

JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー、左)

従来モデルからシルエットと襟を今らしくアレンジ

昨今のドレスニットポロをけん引するこの名門も当然スキッポロをラインアップ。こちらは従来モデルをアップデートした新作で、身幅、袖幅、肩周りにゆとりを持たせた新定番シルエットを採用。ジャケットと合わせたときの襟の収まりもきれいだ。生地はおなじみのジョン スメドレーズ シーアイランドコットンだ。2万6000円(リーミルズ エージェンシー)

SETTEFILI CASHMERE(セッテ フィーリ カシミア、右)

スポーティーすぎないニュアンスあるブルーが◎

プレミアムなニット製品を手掛ける伊・フェラーラのブランドゆえ、今作もとろけるような着心地。ブルーの色味もじつにニュアンスがあり、ジャケパンはもちろん、一枚で着てもお洒落に決まる。すっきりした細身シルエットを生かし、あえて太めの上品トラウザーズ+ローファーなんてスタイルに合わせたい。コットン100%。3万3000円(伊勢丹新宿店)

Keyword 襟なしの品格、ニットTに流儀あり

DRUMOHR(ドルモア、左)

世界最古のニットブランドによるクールな黒クルーネック

ドルモアらしい高級感あるたたずまいの黒クルーネック。ドライなタッチはリネンを使用したためだが、ポリエステルを僅かに混紡することでシワに強く、ケアもラクだ。身幅、袖幅、肩回りに適度にゆとりを取ったシルエットも魅力で、誰が着てもお洒落に決まる。2万7000円(バインド ピーアール)

MALO(マロ、中左)

ラグジュアリーな艶をたたえる大人の差し色ニット

こういうビビッドカラーのニットほど上質なブランドから選ぶのが正解。その点イタリアを代表する高級ニットブランドであるここなら申し分ない。今作もシャリ味の強いコットン製ながら、リッチな光沢をたたえ、ドレープも豊か。春夏の差し色ニットに最適だ。5万2000円(三崎商事)

SLOANE(スローン、右中)

美ドレープ&ブラウジングでニュアンスある着こなしに

希少性の高い超長綿のギザコットンを使用し、とろけるような滑らかなタッチに仕上げたクルーネックニット。身幅や着丈などのサイズ感が絶妙なのに加え、計算されたリブのテンションにより、ドレープや腰回りのブラウジングがきれいなのもここならでは。1万7000円(スローン)

GRAN SASSO(グランサッソ、右)

大人の白T感覚で着られるオフ白のリネン混ニット

春夏になるとジャケットやセットアップに白Tという着こなしをよく見かけるが、大人がやると時に貧相な印象に。上品さを装うならこういう上質ニットが適任。ドライタッチの生地はコットン32%+リネン68%で、盛夏も心地よくしのげる。2万6000円(ナノ・ユニバース カスタマーサービス)

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
次のページ
Keyword ラギッドさをスマートに見せるスエードブル
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram