2022/4/15

素材の多様性にも注力

――今後、ブルガリは時計の分野でどのような挑戦を続けますか。

「オクトやセルペンティのような核となるコレクションポートフォリオがそろっているので、新しいコレクションを創造するのではなく、既存のコレクションを大事にしていきます。オクトは素材の多様化にも取り組んでいます。最初はチタン、その後はゴールドやステンレススチールへと広がり、支持層が増えました。一方、今回もオートオルロジュリーの新作としてミニッツリピーター(鐘の音色によっても時分を知らせるしかけ)、トゥールビヨンがのったスケルトンモデル、クロノグラフGMTといった希少モデルも随時発表しています。オクトのラインアップも増えたことで、シェアがさらに拡大すると期待しています」

オクト フィニッシモ ミニッツリピーター ケース:40mm、厚さ6.6mm チタン製 30m防水 機械式手巻き パワーリザーブ:約42時間 (予価2146万1000円)
オクト フィニッシモ トゥールビヨン クロノグラフ スケルトン ケース:43mm、厚さ7.4mm プラチナ製 30m防水 機械式自動巻き パワーリザーブ:約52時間 (予価2146万1000円)
オクト フィニッシモ クロノグラフ GMT ケース:43mm、厚さ8.75mm ステンレススチール製 100m防水 機械式自動巻き パワーリザーブ:約55時間 (213万4000円)

――時計業界では複雑機構という職人技だけでなく、デジタル技術もどんどん活用されています。時計の概念が変わっていきそうです。

「ブルガリの時計は愛好家がウオッチワインダー(自動巻き時計の巻き上げ機)に何個もセッティングして、特別な時だけに取り出すようなものではありません。毎日使ってもらえるものだと信じています。モダンでコンテンポラリーでありながら、構造やアコースティックな雰囲気が伝わる時計であることを大事にしています。クラフツマンシップも、デザインも、機構も優れているのが当たり前。でも時計にはやっぱり、エモーショナルなものがなければいけないのではないかと思っています」

(聞き手はMen's Fashion編集長 松本和佳)


Watch Special 2022

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2022」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2022はこちら

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE