愛を耕す青空挙式 畑や海で、特別な誓い

畑や海辺、山などアウトドアで結婚式を挙げる人が増えている。式場に併設されたガーデンウエディングなどとは異なり、これまで結婚式が開かれることのなかったような場所を新郎新婦が自ら開拓。その魅力は、人数や方法に制限がないほか、山や海に囲まれた開放感に尽きる。用意されたプランはなく、手間もかかるが、その分新郎新婦の仲も深まるようだ。

トマトジュースで乾杯

地元の仲間とトラクターで入場する新郎新婦の星野夫妻(群馬県昭和村)

4月19日、群馬県昭和村の農園。「ご覧ください。オレンジ色はクボタ、青が井関、グリーンはドイツ製です」。司会の女性が紹介するのは、列をなして入場するトラクターのメーカーだ。

その数12台。「おー、すごい。こんなに大きいんだ、格好いい!」と女性たちの歓声が上がる。その横では「こんな台数なかなか見られない。全部合わせると1億円以上だよ」と地元の農家の人たちのため息がもれる。

雄大な自然を背景に結婚指輪を披露する星野夫妻

一見すると農業関係のイベントのようだが、これは結婚式の入場シーン。先頭のトラクターに乗っていた新郎の星野高章さん(39)と新婦の美樹さん(37)が列席者の前に到着すると「おめでとう」と祝福の声に変わった。

友人や知人など集まった470人に結婚の証人となってもらう人前式の形式をとったが、誓い合う場所は畑の上。目の前に広がる自然を前にした式でもある。「先人たちが焼き、耕してきたこの大地で、式を挙げることができてうれしく思います。社会に恩返しできるよう夫婦で努力し続けることを誓います」――。大きな拍手が湧いた。

式当日は農閑期だったため足元は踏み固められていたが、通常はトウモロコシなどが生育する場所。すぐ隣にはビニールハウスも建つ。

畑に設営されたテントには地元の野菜が並ぶ(群馬県昭和村)

新婦の格好もアウトドアならではで、ミニ丈のドレスに合わせたのは、レースを付けてアレンジした長靴だ。「農協で買いました」(美樹さん)

食事も“自然派”。乾杯のトマトジュースに始まり、牛肉や豚肉は火をおこしてバーベキュー。ビュッフェ形式で並ぶメニューの中には、農園で採れたばかりの山盛りのレタスも並ぶ。

新婦の美樹さんはもともとは都内の会社員で、新郎の高章さんがこの農園「星ノ環」の社長。夫妻にとって関係の深い場所ではあるが「普通じゃない結婚式にしたかった」と美樹さん。パーティーの最後のあいさつでは高章さんが「こんなところでのパーティーに付き合っていただいてすみません」と謝るシーンもあったが、列席者からは笑みがこぼれた。

特に新婦の友人ら都内からの参加者の感激はひとしお。新幹線とバスを乗り継ぎ参加した山川千鶴さん(35)、青木麻里さん(28)は「圧巻。予想できないわくわく感があった」と興奮気味に話した。野原美穂さん(33)も「アミューズメントパークで楽しんでいるような感覚」と驚いた。