社会へのドア、ビジコンが開く 大人が生徒を後押し日本の高校生はどこへ(下)

ビジネスコンテストは高校生が社会人と向き合うきっかけになっている(写真はイメージ)=PIXTA
ビジネスコンテストは高校生が社会人と向き合うきっかけになっている(写真はイメージ)=PIXTA

高校生は学校のあり方や周囲の環境をどう受け止め、対応しているのか。日本の高校生が向かう先を考える連載の3回目(最終回)は、課外活動などとして生徒が事業モデルのアイデアを競い合うビジネスコンテスト(ビジコン)に焦点を当てる。若者にどんな変化がもたらされるのか。

◇  ◇  ◇

ビジコンが盛んになっている背景のひとつに、小論文や面接などで大学の合否が決まるAO(アドミッションオフィス)入試の広がりがある。コンテストの結果が自己PRの材料になるからだが、生徒のメリットはそこにとどまらない。経験者が口をそろえるのは「社会とつながる機会になった」ということ。新型コロナウイルスの影響で、当面はどのビジコンもオンライン以外での開催が難しい状況だが、高校生が自分の可能性や社会との関わりに気づく機会として、その価値は増している。

全国から400校を超す参加

日本政策金融公庫が主催する「高校生ビジネスプラン・グランプリ」は、2019年度の参加校が409校と過去最多だった。普通科だけでなく、商業科など専門学科のある高校の生徒が全国各地から挑戦しているのが特徴だ。

京都府南端の木津川市にある府立木津高校システム園芸科3年の近美夕子(ちかみ・ゆうこ)さんは、18年度に優勝、19年度は審査員特別賞の実績を残したメンバーのひとり。19年度に仲間3人で発表したテーマは「Kakishibuを世界基準に!」。塗料や染料などに使う地元名産の「柿渋」に着目。その成分(カキタンニン)で紙袋をコーティングし、耐水性や強度を高めて販売するプランだ。プラスチックのレジ袋からの代替が進めば、世界のプラゴミ削減につながると考えた。

「家からできるだけ近い高校がいい。放課後は家でのんびりしたいから」。近美さんが木津高を志望した理由だが、入学後に担任となった松田俊彦さん(現在は京都学園中学・高校教諭)との出会いが、その放課後を変えた。松田さんはかつて府立桂高校(京都市)で同グランプリのファイナルに教え子を何度も送り込んだ経験の持ち主。ビジコン挑戦の熱心な働きかけに近美さんも動いた。

松田教諭(左)の熱意に動かされた近美さん。「目立たないように過ごそうと思っていたが、ビジコンに2年連続で挑戦し、自分が変わってきた」

受け身だった近美さんが、少しずつ積極的な姿勢をみせるようになった。実証試験が必要と考えて近美さんがアプローチしたのが、カジュアル衣料専門店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング。本社に手紙を送り、店で使う袋を柿渋紙袋に転換してみないかと提案した。「ダメ元」だったが、思いがけずファストリ側から前向きな回答があり、府内の店舗での試験導入が決まった。「あんな大きな会社が、こんな田舎の高校の取り組みに反応してくれるなんて」。感激だった。

近美さんは「すてきな大人がたくさんいることを知りました。フットワークが軽くて好奇心にあふれる方が、私たちの活動に興味を示してサポートしてくれた。『いい大人の見本』のみなさんに憧れるようになった」と語る。

生徒をビジコンに導いてきた松田さんは一貫して「高校と社会の乖離(かいり)を埋めたい」と思い続けてきた。職業と関連が深い専門学科であれば、社会と接するチャンスがもっとあっていい。「ビジコンに出ることで社会とつながりができる。生徒の甘えがなくなり、自分で考えるようになる」。生徒が自ら成長する力への信頼が根底にあるようだ。

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
次のページ
自分の変化に驚く
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録