動物たちの意外な超能力 ナショジオが選ぶベスト10

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

10連休の前半が終わって中休みという人もいるかもしれない。仕事や普段の生活から少し離れて、違うことに目を向けるのも気分転換になるだろう。そこで今回は、ナショジオの記事の中から、私たち人間にはない、動物たちの意外な能力のベスト10を紹介したい。

最初に紹介するのが「目」だ。同じ目をもつ動物でも、私たちとは違った世界が見える動物たちもいる。目の構造そのものも人間とは違っている。

【写真】見る目が違う 人とは異なる世界が見える目の多様性

上の写真にはないが、魚の眼力も私たちが考えているより高い能力をもつ。テッポウウオは、実は人の顔の違いがわかる、つまり人を見分ける能力があることが研究でわかってきた。実験の様子を撮った動画で確かめてほしい。

【動画】狙撃は完璧 人の顔を見分けるテッポウウオ

紹介したテッポウウオは目だけでなく、口から噴射する能力も秀でている。ラクダの口も負けていない。動画をご覧いただいてわかるように、ラクダはトゲだらけのサボテンをむしゃむしゃと噛み砕いて飲み込む。その秘密は口の構造だ。砂漠という苛烈な環境の中、長い進化の過程で会得したもののようだ。

【動画】トゲごとサボテンのみ込む 砂漠に生きるラクダの超能力

ドラキュラアリというアリは、指パッチンと同じ原理で高速に顎を動かす。その速度は時速換算でなんと300キロというから驚きだ。顎の構造を研究すれば、産業にも応用できるのではないかと考える研究者もいる。

【動画】時速換算で300キロ以上 ドラキュラアリの顎パワー

愉快な動画だが、本当に侮れないのがアライグマの腕力だ。都心部で目撃されて大捕物になったときも柱に登っていた。しかし、その登はん能力は私たちの想像を絶する。なんと25階建てのビルの垂直の壁もものともしない。

【動画】スパイダーマン顔負け 高層ビルを登頂したアライグマ

カニの仲間カイカムリの手さばきも大したものだ。カイカムリは天敵が食べない海綿を帽子にすることで身を守る。ちょうど自分の体の大きさに合わせた形に切り取ることが、京大の研究者によって明らかになった。

【動画】まるで熟練テイラー 手間暇かけたカニの帽子作り