WOMAN SMART

朝・夕刊の「W」

「さんかっけー」ネットで流行 W杯決め再燃 コトバ百貨店

2013/6/26 日本経済新聞 プラスワン

「かっけー」と打ち込むと、最初に変換されるのは「脚気ー」。それって膝をたたく検査が有名なかつての国民病。昔はトンカチを持たせると、人の膝をたたいて怒られる子どもが必ずいたっけ……みたいな話とはぜんぜん関係ない。

今どき「かっけー」といえば「かっこいい」の意。そして今週のお品物は、ネット用語「△(さんかっけー)」だ。たとえば「山田△」のように、人名と組み合わせて「山田三角形」→「山田さんかっけー」に。そもそもネットのスラングで、誰かを称賛したり、逆に褒め殺したりする書き込みなんかにも使われる。

その後、「△」を有名にしたのが、2010年のサッカーW杯。本田圭佑選手の活躍を称賛する人や、ビッグマウスをちゃかす人なども加わって「本田△」がネットにあふれる事態に。

「本田△」は、この年の流行語大賞にもノミネート。さらに先日のW杯アジア最終予選でPKを決めると「本田△」の書き込みが再燃。今度こそ、大賞を狙えとの声もある。

ちなみに△の仲間としては、たとえば「山田□」(山田氏かっけー)や「山田(÷)」(山田カッコワル)なども。若者言葉というけど、実はおじさんが考えてませんよね?

(ライター 福光 恵)

[日経プラスワン2013年6月22日付]

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
25歳社長・酒向萌実が実践する「閉じない」働き方
日経DUAL
低学年夏のルール作り テレビやゲームの制限は
日経ARIA
吉田晴乃さん死去の前日、人生最後になった渾身の演
日経doors
吉種怜 遠回りキャリアこその太い軸、迷ったらGO
ALL CHANNEL