エンタメ!

何でもランキング

優雅なティータイム 絶品パウンドケーキベスト10

2013/10/6

素材や食感、香りに工夫

小麦粉、バター、卵、砂糖を1パウンド(ポンド、約453グラム)ずつ使うことから名付けられたというパウンドケーキ。最近は小型のものや、果物や和素材をふんだんに使ったものなども登場。オリジナルを離れて、より口の肥えた現在の顧客のニーズに合わせた姿に変わりつつある。

1位「オークウッド」や3位「NOAKE TOKYO」は生地にキャラメルソースを練り込んで香ばしさを際立たせた。5位「オーブン・ミトン」や10位「アンプレスィオン」は焼き上げた後でケーキにバニラや果物のシロップを染み込ませている。しっとりとした食感のものが人気だという。

デコレーションに凝ったケーキと違って、見た目は至ってシンプル。その分、「各店、各シェフが味や風味で工夫し、静かに進化している」(服部吉彦さん)。生ケーキに比べれば日持ちもするので、いくつか購入して食べ比

 ◇  ◇  ◇  

調査の方法 取り寄せられるパウンドケーキのうち売れ筋や専門家の推薦で21商品を候補に選び、実際に試食して選んでもらった。選者は次の通り(敬称略、五十音順)。

糸田麻里子(フリーライター)▽加藤信(全日本洋菓子工業会理事長)▽島本薫(『パウンドケーキ大好き』著者)▽下井美奈子(スイーツコーディネーター)▽鍋田幸宏(レコールバンタン製菓講師)▽服部吉彦(服部栄養専門学校副理事長)▽平岩理緒(『幸せのケーキ共和国』主宰)▽福田淳子(『パウンドケーキバイブル』著者)▽藤原浩(日本フードアナリスト協会常任理事)▽松本岳子(クオカプランニング商品開発部)▽若山曜子(『パウンド型ひとつで作るたくさんのケーク』著者)

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL