圧巻、大迫力 滝の名所ランキング

流れ落ちる水量の迫力に、清涼感あふれる空気。日本各地には名瀑(ばく)と呼ばれる滝がたくさんある。それらを「比較的気軽に家族で訪れられるところ」「山歩きも満喫できるところ」の2つに分けて、実際によく訪れている専門家にお薦めを選んでもらった。

<家族で楽しく>

1位 称名滝とハンノキ滝(富山県立山町) 750ポイント
■日本一の落差 立山連峰を源流に弥陀ケ原から一気に流れ落ちる。左側の崖から流れる称名滝の落差は350メートルと日本一。だが、水量が増す雪解け時期などに右側の崖に現れるハンノキ滝の落差が約500メートルあり、一時的にこちらが日本一となる。この時期には日本で1、2位の滝がV字をつくる絶景を目にでき、直径60メートルの巨大な滝つぼから舞い上がる水しぶきが谷底を覆う。
「雪解けの増水時は圧倒的な水量で豪快な大瀑布となる。右側のハンノキ滝も息をのむ光景」(近藤龍平さん)(1)称名滝350メートル、ハンノキ滝約500メートル(2)段瀑/4段(称名滝)(3)富山地方鉄道の立山駅からバスで約20分の終点から称名滝まで徒歩で約30分。道は舗装道路で歩きやすい(4)立山町観光協会076・462・1001


2位 那智の滝(和歌山県那智勝浦町) 620ポイント
■辺りを圧する風格と威厳 那智の大雲取山から流れ出る水が原始林を通り、幅13メートルの滝口から3筋に分かれて落ちる。直瀑では落差日本一で、滝自体が熊野那智大社の別宮、飛瀧(ひろう)神社のご神体だ。
「辺りは杉の大木のもとに昼なお薄暗く、荘厳さが漂う」(中西栄一さん)(1)133メートル(2)直瀑(3)JR紀勢本線の紀伊勝浦駅からバス、滝前で下車し徒歩5分(4)那智勝浦町観光協会0735・52・5311


3位 不動七重の滝(奈良県下北山村) 585ポイント
■深緑の滝つぼ 大峰山系の釈迦ケ岳の東にあり、7段の滝が谷を縫う。水量が豊富で、深い緑色にみえる滝つぼが美しい。「林道沿いに歩ける」(鉄さん)(1)100メートル(2)段瀑/7段(3)近鉄吉野線の大和上市駅から車で1時間40分で展望所(4)下北山村産業建設課07468・6・0016


4位 法体の滝(秋田県由利本荘市) 525ポイント
■下流で水遊び 鳥海山の麓、玉田渓谷。法体は僧の姿の意で滝の名は高僧の法衣の形にちなんだという。「夏は水遊びの子どもたちでにぎわう」(近藤さん)(1)57メートル(2)段瀑/3段(3)由利高原鉄道の矢島駅から車で40分、その後徒歩10分(4)由利本荘市鳥海総合支所産業課0184・57・2205


5位 華厳の滝(栃木県日光市) 480ポイント
■日本代表する名瀑 中禅寺湖から流れ出る大谷川の水がしぶきを上げる。四季それぞれに美しい表情を見せる。「日本を代表する名瀑。一気に落ちる姿は雄大かつ豪快」(近藤さん)(1)97メートル(2)直瀑(3)JR日光駅からバスで約50分。中禅寺温泉バス停から徒歩5分(4)日光観光協会0288・54・2496


6位 大川の滝(鹿児島県屋久島町)
(1)88メートル(2)分岐瀑(3)バス停大川の滝下車、徒歩10分(4)屋久島町商工観光課0997・43・5900
7位 龍門の滝(大分県九重町)
(1)26メートル(2)段瀑/2段(3)JR恵良駅から車で10分の駐車場から徒歩5分(4)九重町商工観光・自然環境課0973・76・3150
8位 雪輪の滝(愛媛県宇和島市)
(1)全長300メートル(2)渓流瀑(3)滑床渓谷の駐車場から徒歩で約30分(4)松野町産業振興課0895・42・1116
9位 神庭の滝(岡山県真庭市)
(1)110メートル(2)分岐瀑(3)神庭の滝自然公園駐車場から徒歩15分。入園料大人300円必要(4)神庭の滝自然公園0867・44・2701
10位 姥ケ滝(石川県白山市)
(1)86メートル(2)分岐瀑(3)JR金沢駅から車で約1時間半、蛇谷園地駐車場から徒歩約15分(4)白山市観光情報センター076・273・4851
エンタメ!連載記事一覧