ホテルデートは「派手ジャケット」で 場慣れ感を演出

LEON

2022/4/14
LEON

ホテルはオヤジが主役として立ち振る舞える場所であり、きちんとした身なりがいいサービスにも直結する場所なので、ジャケット着用は言わずもがな、当然の心得です。ここで威力を発揮するのが、派手ジャケット。コレがその実、経験値のあるオヤジにこその一着なのです。




言うまでもなくホテルはエレガントな空間です。そこで上質なサービスを受けるには、当然きちんとした服装が求められます。なので、ジャケット着用はホテルデートの基本装備といえましょう。ただしそれはあくまでスタートラインに過ぎません。さらに格上の対応を享受するには策を講じなければならないのです。

そこでオススメしたいのが、派手ジャケット。理由はズバリ、際立つから。そう、ジャケット姿が当たり前のホテルで存在感を発揮するには、印象の強さが必要なのです。

もちろん派手といっても悪目立ちは避けたいゆえに、上質さや品の良さは絶対条件なのですが、まずはあえて感を醸し出し「この人はタダモノではない」と印象づけることが肝要。で、待遇も格段に良くなること請け合い。お相手の女性からも「この人といると楽しめそう♡」という好印象を獲得できるはずですよ。

イザイア

華やかにして上品なブルーのチェックジャケット

男性●ジャケット36万3000円/イザイア(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン)、シャツ4万2900円/ヌメロ ヴェントゥーノ(N21 表参道)、デニム2万7500円/トリプル ダブル(ノウン)、メガネ3万4100円/モスコット(モスコット トウキョウ)、時計220万円/ゼニス 女性●トップス10万100円/ファビアナフィリッピ(アオイ)、バングル2万8600円/シンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)

シルク×カシミヤによるサマーカシミヤ素材を用いたブルーのチェック柄ジャケット。羽根のような軽さと光沢感が魅力です。さらに最小限まで芯地を省いた仕立てにより、カーディガンのような快適な着心地を実現。

次のページ
ホテルで際立つ「派手ジャケット」の選び方