LEON

2022/4/14

派手ジャケットのエグみを抑える「黒デニ」

単体で際立ち必至な派手ジャケットは、コーディネートまで派手にしないことがとっても肝要。一方で、ベーシックなドレス合わせも派手さに含まれるエグみをむしろ強調してしまいます。そこでオススメなのが、シックな色味にしてヌケ感のある黒デニ。この絶妙なヌキを入れることで派手ジャケットが"意図的"な選択に見えるのですよ。

【選びのポイント】 色落ちしていない上品な生地

派手ジャケットに合わせる黒デニは、あくまでもほどよいヌケ感を添えるためのもの。なので、こなれつつも上品な濃色の一本を選びましょう。

サンローラン

バランス感絶妙の黒キャロットデニム

デニム8万4700円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス)

2021年春夏コレクションより新シルエットとして登場したキャロットデニムの黒ヴァージョン。太もも周りはゆったりとしつつ、裾にかけてテーパードが効いたフォルムが特徴です。

デニムは上に同じ。ジャケット36万3000円、シャツ7万1500円、サングラス5万600円(参考価格)、ブレスレット6万500円(参考価格)、ベルト8万6900円(参考価格)、靴11万5500円/すべてサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス)

マジョレル・ブルーのストライプのジャケットに白シャツ&黒デニ。ホテル慣れしたスタイルの完成です。

お問い合わせ

アオイ 03-3239-0341 イザイア ナポリ 東京ミッドタウン/03-6447-0624 S.O.S fp 恵比寿本店/03-3461-4875 サンローラン クライアントサービス/0120-952-746 ゼニス/03-3575-5861 N21 表参道/03-3746-0021 ノウン/03-5464-0338 ブリオーニ クライアントサービス/0120-200-185 モスコット トウキョウ/03-6434-1070

※表示価格は税込みです。

写真/人物・前田 晃(maettico)、静物・蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/男性・四方章敬、女性・久 修一郎 ヘア/SHOTARO(SENSE OF HUMOUR) メイク/Ken Nakano 文/竹内虎之介(シティライツ)

LEON

[ウェブサイト『LEON.JP』2022年3月18日公開の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE