美肌をつくる6つの「しないこと」ルール

~美肌をつくるためこれだけは守りたい 6つの「しないこと」~

1 化粧品をつけるときにコットンを使わない

コットンを使ったパッティングや拭き取りを続けていると、摩擦や刺激によって長年の間に肌が黒ずむ原因に。「手でつけると化粧成分を手が吸い取ってしまうというのは誤解。指先には毛穴がないので顔のほうに吸収されやすい構造になっています。化粧品はすべて手に取り、ケーキにクリームを塗るように優しく肌にのせましょう」

すべきことはこれ!
・化粧水や美容液は手で優しく肌にのせる
・拭き取り式のメイク落としや化粧水は毎日使わない
・肌を触りすぎず、朝晩のスキンケアは5分以内に

2 シートパックに頼りすぎない

「シートパックの成分の大半は水。時間がたてば肌から蒸発するので、保湿効果を期待しすぎないように」。美容成分入りのものは濃度が高いため、かぶれる場合もあるので注意を。「肌にのばすと固まるタイプのパックのほうが保湿効果は期待できる。まずは日々のケアで肌の状態を整え、パックに頼りすぎないことが大切です」

すべきことはこれ!
・「たまのパックよりも日々のケア」をモットーに
・乾燥が気になるなら、肌に伸ばして洗い流すタイプのパックに。
・パックでかぶれることもあるので、赤みが出たら使用をやめる

3 紫外線対策を日焼け止めだけに頼らない

SPFとは、1平方センチメートルあたり2mgの日焼け止めを皮膚につけた場合、日焼けするまでの時間を何倍にのばせるかという数値。「日焼け止めだけで基準を満たそうとすると、かなりの厚塗りに。一方、パウダーファンデーションの粉には紫外線を反射する効果があります。日焼け止めの上にファンデを重ね、何度か塗り直すのが○」

すべきことはこれ!
・SPFなどの数値にこだわるよりも、上にパウダーファンデを重ねることで日焼けを防ぐ
・焼けやすい頬骨の上には厚めに塗る
・日中に何度かファンデを塗り直して効果を持続させる
注目記事