ナショジオ

生物

ツノゼミの名前がわかるまで、研究者たちは熱く語り合う コスタリカ 昆虫中心生活

2015/7/5

ナショナルジオグラフィック日本版

ヘミカルディアクス・サウンデルスィ(カメムシ目:ツノゼミ科:Smiliinae)のメス A treehopper, Hemicardiacus saundersi, female 正面からみると金平糖のようだ。夜、光にやってきた。 体長:約6 mm 撮影地:モンテベルデ、コスタリカ

日本は梅雨まっただ中とのこと、雨雨雨だそうだが、ここコスタリカのモンテベルデにも雨の季節がやってきた。おとといから雷がゴロゴロ、午後から夜にかけては雨が降るようになった。湿度はグンっと上がり、空気が少し重い。

この時期は出没する昆虫が増え、ぼくが観察や採集、飼育に追われるようになる。同時にそれは、採集した昆虫について調べる時間が増えることも意味している。

たとえば、連載で昆虫を紹介するとき、ぼくはなるべくその種の名前(学名)を載せることを心がけている。もちろん、見ればすぐに名前がわかるものもあるけれど、図鑑やネットでは調べきれないものがほとんどだ。まだ名前のない新種ということも、ごく普通のこと。

そんなときぼくは、世界のあちこちにいるそれぞれの昆虫の専門家に教えてもらうことにしている。

ここ1カ月ほど、ツノゼミ研究者たちとのやりとりが熱かった。発端は、もう40年以上もツノゼミの体系学を研究されているアメリカ、ノースカロライナ州立大学のデイツ博士に、最近採ったツノゼミの写真を送ったことだった。

National Geographic

多様な熱帯のツノゼミを写真だけで同定することは困難なので、デイツ博士は、他のツノゼミの分類学者4人にぼくのメールを転送した。そして、あーでもない、こーでもないと、みんなのやりとりが始まった。

「おお~なんと美しい!スミリア属のツノゼミに見える」

「すげえ!たしかにスミリアだろうな」

「いや、アンティアンセじゃないのか」とそれぞれの意見が飛び交う。

ヘミカルディアクス・サウンデルスィ(カメムシ目:ツノゼミ科:Smiliinae)のオス A treehopper, Hemicardiacus saundersi, male 体長:約6 mm 撮影地:モンテベルデ、コスタリカ

「こんな2色のアンティアンセを見たことがあるのか?」

「ヘミカルディアクス・サウンデルスィは、どうだ?」

「この本のヘミカルディアクスのページを確認してみるのがいいぞ」

まるで暗号で会話しているみたいだ。議論は、よく似たほかのツノゼミ写真も加わって、さらに沸騰する。

「これら2種類の写真は同じ種だろうね」

「Kenji、この2種がオスかメスかを教えてくれないか? 同種かどうか頭がこんがらがった」

「交尾器の形が違うので、それぞれ別の種だと思います」(ぼく)

こんなふうに1カ月でツノゼミチーム5人+ぼくの間で102のメールのやり取りがあり、この2種に関しては、「ヘミカルディアクス・サウンデルスィと、ヘミカルディアクス・サウンデルスィに近い種であろう」という結論にたどり着いた。

驚いたことに、ヘミカルディアクス・サウンデルスィはこれまで世界に一つだけ、オスの標本しかなかったそうだ。ぼくがオスとメスの2匹を採集したので、全部で標本が3つとなった。

そんなわけで、みなさんには単なる呪文にしか聞こえないかもしれませんが、写真のキャプションについている昆虫の名前には、研究者たちによるこんな白熱した舞台裏があったりするということを、心の隅に留めておいていただけると嬉しいです。

これまでに出会った中で、ぼくにとって一番印象的なツノゼミ。この色がたまらない。撮影中、心臓バクバクになった。ツノゼミのSmilinaeという仲間に詳しいMatthew Wallace博士によると、新種の可能性が高いようだ。 体長:約6 mm 撮影地:モンテベルデ、コスタリカ

「ツノゼミチーム」のLewis Deitz博士、 Stuart Mckamey博士、 Albino Sakakibara博士、Chris Dietrich 博士、Matthew Wallace博士には、大変お世話になっています。心より感謝を申し上げます。

アンティアンセ・エクスパンサ(カメムシ目:ツノゼミ科:Smiliinae) Antianthe expansa treehopper 熱い語りが冷める間もなく、ニュージーランド外来生物ホットライン局のダイアンさんから、ポリネシアのニウエ島でこのツノゼミが見つかった可能性が高いというメールが届いた。ツノゼミチームとぼくは、この種でほぼ間違いないと結論を出した。トマトの木についていたという。本来なら現地にいないツノゼミのはずなので、熱帯アメリカから持ち込まれた植物にくっついていた卵か幼虫かが原因で広がったのかもしれない。島の生態系のバランスが崩れていかないことを願う。
西田賢司(にしだ けんじ)
1972年、大阪府生まれ。中学卒業後に米国へ渡り、大学で生物学を専攻する。1998年からコスタリカ大学でチョウやガの生態を主に研究。昆虫を見つける目のよさに定評があり、東南アジアやオーストラリア、中南米での調査も依頼される。現在は、コスタリカの大学や世界各国の研究機関から依頼を受けて、昆虫の調査やプロジェクトに携わっている。第5回「モンベル・チャレンジ・アワード」受賞。著書に『わっ! ヘンな虫 探検昆虫学者の珍虫ファイル』(徳間書店)など。
本人のホームページはhttp://www.kenjinishida.net/jp/indexjp.html

(日経ナショナル ジオグラフィック社)

[Webナショジオ 2014年6月17日付の記事を再構成]

(参考)この連載「コスタリカ昆虫中心生活」が本になりました。生物多様性の国・中米コスタリカで、18年間にわたり昆虫と暮らしながら研究を続ける著者が、自ら撮影した写真と解説で、その不思議な魅力とすごさを伝えます。

ミラクル昆虫ワールド  コスタリカ

著者:西田 賢司 編集:ナショナル ジオグラフィック
出版:日経ナショナルジオグラフィック社
価格:1,944円(税込み)


ナショジオ 新着記事

ALL CHANNEL