カップリングの2曲は、作詞作曲も松下自身が手掛けた。「縛られた今を/脱ぎ捨ててみようよ」「今夜は全て忘れなよ」と、心を解き放つように歌いかける軽快なアップチューン『STEP!』。「どれくらい会ってないかな(中略)君の住む街が今/隣の国みたいに遠いな」と歌い出す『みんなが見てる空』は、会いたくても会えない切ない距離感を埋めるように語りかける。

この2曲は、今年の1月から3月にかけて開催した「KOUHEI MATSUSHITA LIVE TOUR 2021 HEART to HEART」ですでに披露している。俳優として多忙を極めるなか、その合間を縫って制作した楽曲に、松下はどのような思いを込めたのだろうか。

(写真:藤本和史)

「今はピアノを弾きながら作ったメロディーを基に、自宅のPCで『こんなイメージにしたい』というのを人に伝えられるくらいまでアレンジしたデモ音源を作ることが多いですね。そのデモをアレンジャーさんなどに聴いていただいて、さらに話し合いながら曲をブラッシュアップしていくんです。今回の2曲もそうやって作りました。

『STEP!』は、僕がこれから音楽活動を本格的に行う上で、ライブで確実に盛り上がれる曲が欲しくて作ったものです。舞台をやっていて思うのは、こういうご時勢ですが、ライブの楽しさって同じ空間、時間を共有できることだなと。お客さんと僕の思いが重なる、最大限に一緒にいることを楽しめる曲にしたくて、作っているときはライブで楽しんでくれているお客さんの姿を思い浮かべながら書きましたね。

年始のツアーは、アーティストとしての松下洸平をお披露目するみたいな意味合いがあったので、当然ながら『STEP!』を聴いたことがあるお客さんはほぼいませんでした。それでも曲が始まると、声が出せないという制限のなかで、その代わりに一生懸命に手を挙げてくださった。『ああ、僕が見たかった景色はこれだな』と思ったし、これで声が出せるようになったら最高だなって。いつか来るその日まで、この曲をとても大切にしたいと思いました。

『みんなが見てる空』は、昨年の自粛期間中に作りました。あの時期、人に会えなかったから生まれた曲ではあるけれど、その時のことを歌に込めるというよりは、もっと大きな曲にしたいと思っていました。

『今は会えないけど頑張ろう』という感覚は、コロナが収束したらいつしか消えてしまうと思うんですよ。そうではなく、ずっと愛してもらえる曲にしたいと思ったし、10年後や20年後に聴いたとしても、大切な人を思い浮かべて『ああ、会いたいな』と思えるような曲にしたかった。

なので、歌詞を書くときは『ベランダから見える空』や『カーテン揺らした風』といった、日常にある、風景が浮かぶような言葉を意識して選びました。夢を持って上京して故郷の家族にしばらくは会えない人や、離れて暮らす友人、大事なパートナーなどを思い浮かべていただけたらうれしいですね」

挫折となった1度目のデビュー

松下の手掛けた2曲は、いい意味で華美な装飾を排したポップスで、誰が聴いてもすっと耳になじむタイプの楽曲だ。このシンプルなポップスを作ることは一見簡単そうだが、奥が深く一朝一夕では難しい。それを可能にしたのは、長年の蓄積だ。

彼は08年に洸平という名義でデビューした経歴を持つ。2枚のシングルでリリースはストップしたが、その後もシンガーへの思いは諦めず、制作を続けてきた。1度目のデビュー時は、「自分の行くべき方向性が定まらず迷ってばかりいた」と振り返る。

「トントン拍子にデビューが決まったこともあって、いざデビューをしてからは、音楽性も含めすごく迷っていましたね。好きな音楽ははっきりしていたし、大きなステージで歌うという理想像は鮮明でした。だけど、そこに到達するにはどんな楽曲が必要で、どんなパフォーマンスが最適なのかはイメージできていなかったんですよね。

年齢的にも、20歳、21歳でしたから、歌詞も自分のことばかりで(笑)。そういう曲があってもいいと思いますが、そのことばかり考えていた気がします。いざ表現する側になったとき、何が求められているんだろうかと深く考える余裕が当時の僕にはなかったんでしょうね。技術面でも、思うように声が出せないとか、自分の中でバランスが取れないジレンマを抱えて悔しい気持ちがありました」

エンタメ!連載記事一覧