石津祥介のおしゃれ放談

爽やかシアサッカー ジャケット+短パンでキメる 夏のトラッドアイテム(下)

2019/7/26

シアサッカーのジャケットを着る石津祥介さん。「紺ブレのように万能選手。黒ニットタイを合わせると涼しげでしょう」(東京都千代田区の大丸東京J.PRESSショップ)

長年定番として愛されるトラッドスタイルの夏素材といえば、シアサッカーとコードレーンが代表格だろう。見た目にも涼しげなアイテムは、どう着たら爽やかにキマるのだろうか。服飾評論家の石津祥介さんとオンワード樫山J.PRESS商品部の飯野貴浩さんに、これら夏素材の上手な着こなしを提案してもらった。また、J.PRESSならではの定番商品についても語り合った。

<<(上)インド発マドラスチェック 米「アイビー」の風まとう




■生地が体にくっつかず涼しく感じるシアサッカー

――きょう着ているジャケットはシアサッカー地ですね。凹凸のある風合いに涼感があります。こちらにはシャツもありますね。

石津「収縮率の違う糸を織ったもので『しじら織り』とも呼ばれます。表面がデコボコしていて生地が体にくっつかないので、涼しく感じるんです。その特徴から昔は『シワサッカー』なんて言ってね。ジャケットを持っているととても便利です。冬場のフラノの紺ブレと同じで汎用性があります」

シアサッカーは収縮率の違う糸を使ったしじら織りでパジャマなどでもおなじみだ。シャツやジャケットと商品は多彩
Latest