「東洋のスイス」諏訪 腕時計から自動車部品まで育むよくわかる 腕時計ビジネス(4)

長野県の諏訪湖周辺はかつて「東洋のスイス」と呼ばれた=PIXTA
長野県の諏訪湖周辺はかつて「東洋のスイス」と呼ばれた=PIXTA

かつて「東洋のスイス」と呼ばれ、腕時計で世界を席巻した長野県諏訪地域。セイコーエプソンから連なる企業城下町は、その高い技術で本場スイスからも恐れられた。

多くの外貨を稼いだ製糸業が衰退した諏訪地域には、エプソンの前身企業などが疎開して下請け企業を連ねる一大産地となった。高い技術で1964年の東京五輪にセイコーグループとして公式計時を担当する礎となり、工業版の技能五輪で70年代から連続して時計職種で金メダリストを輩出した。腕時計の組み立てや部品製造など多くの協力企業も成長した。

80年前後からエプソンは海外生産を検討。腕時計製造は今、塩尻市で高級時計などを生産する程度だ。協力会社には自立を促した。自動車エンジンに燃料噴射する装置の部品で高い世界シェアを持つ小松精機工作所(諏訪市)など、自動車や精密部品が盛んになった。

■シチズン、国内で約50年ぶり新工場

一方、長野県内で再投資したのがシチズン時計だ。国内で約50年ぶりとなる新工場を2016年12月に完成させた。国内生産を続けることができる理由は、機械による自動化と人手による高付加価値生産の組み合わせだ。

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash