クオーツで席巻した日本勢 いま生き残りへ独自色探るよくわかる 腕時計ビジネス(3)

PIXTA
PIXTA

日本ではセイコーホールディングス(HD)、シチズン時計、カシオ計算機が3大メーカーだ。機能面での先行を長年の売り物としてきたが、ここに来てブランド力を向上する戦略やデジタル技術の活用など新たな動きも増えている。

日の丸時計メーカーはかつて、正確に時を刻むクオーツ時計で世界を席巻した。時刻を自動的に修正する電波時計、全地球測位システム(GPS)、電池交換が不要の光発電方式など実用的な機能を相次ぎ開発。セイコーはクオーツ式と機械式を融合した「スプリングドライブ」という時計技術も生み出した。

日本勢に対しては、高精度ながら価格のパフォーマンスが良いという評価が世界でも定着している。ただ中国勢などが生産量で台頭してきた今、各社は生き残りをかけ独自色を示す必要も増す。

■セイコー、海外店舗を拡大

「ブランド価値でスイス勢と戦えるようにしたい」。セイコーHDの子会社、セイコーウオッチの服部真二社長は意気込む。国産初の腕時計を作った会社として時計市場をけん引してきたが、世界における高級品のイメージはスイス勢に劣る。中価格帯の印象を脱し、海外店舗を増やす計画を掲げるのはそのためだ。

中軸となるのが高級ブランド「グランドセイコー(GS)」だ。シンプルなデザインだが、高品質で正確に時を刻む良さを伝える。中でも、働く女性の増加を背景に女性用GSの販売が伸びており、2016年度には10モデルを追加した。現在の海外店舗数は67店で、19年3月末までに100店まで増やす。

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash