まるでスポーツ競技 兄弟で目指す「クイズ王」への道

早押しクイズを楽しむ饗庭兄弟 左=尚進さん(弟)、右=雅大さん(兄)
早押しクイズを楽しむ饗庭兄弟 左=尚進さん(弟)、右=雅大さん(兄)
中高生や大学生の間でクイズが大きな盛り上がりを見せています。U22は「日経 クイズのとびら」を通じ、クイズ文化を後押しする様々なコンテンツをお届けしていきます。

相手より一瞬でも早く解答ボタンを押して正解を答える競技クイズ。プレーヤーらが駆け引きを交えながら戦う様子はブレーンスポーツそのものだ。全国レベルのクイズプレーヤーになることを夢見て奮闘する、ある兄弟を取材した。

全国でも有数のクイズ強豪校がひしめく埼玉県。開智中学・高等学校(さいたま市岩槻区)のクイズ研究会は2018年に活動を開始したばかり。研究会を引っ張るのは、高校2年の兄、饗庭雅大さんと、弟で中学2年の尚進さんの兄弟だ。国内最大規模の早押しクイズリーグである全日本クイズリーグ(AQL)の埼玉予選通過まであと一歩のところまで力をつけてきた。

先にクイズにはまったのは、弟の尚進さんのほうだった。小学2年のときにテレビで見た高校生クイズがきっかけだ。開成高校(東京都荒川区)が史上初の3連覇を達成した回だった。「クイズってすごい! なんて格好いいんだ」。その日から、クイズプレーヤーが尚進さんのヒーローになった。番組を録画して50回以上は見た。クイズプレーヤーになりきって自分が優勝する場面を想像の中で何度も思い描いた。

中学受験の勉強を4年生から始めた尚進さん。目指すのはもちろん、クイズ最強校の開成。ところが、結果は不合格。クイズが強いほかの学校も受験したが、いずれも及ばなかった。2018年の冬、合否発表の帰り道、尚進さんは人目もはばからずに涙を見せた。唯一受かっていた開智には、クイズ研究会はなかった。

「弟は人前で泣くようなタイプではないのに、あんなに泣いていて…。自分のこと以上にショックを受けました」。開智の中学3年だった兄、雅大さんは決心する。「尚進が入学してくる4月までに、オレがクイズ研究会をつくってやる!」。

行動派の雅大さんは早速動き出す。ふと手にした学年だよりの中にあった言葉に目が釘付けになった。「クイズ研ができないものだろうか。わりと本気」。書いたのは、数学の森下哲嗣教諭。新年の抱負を各教諭が述べるというお題に、森下教諭は東大出身のクイズプレーヤーらが活躍するテレビ番組「東大王」を引き合いに出していた。雅大さんは膝を打った。「これだ!」

「先生、クイズ研つくりたいんですよね? 僕もやりたいんですよ!」。雅大さんはすぐに森下教諭のところに飛んで行った。当の森下教諭がそこまで意識的に書いたものでなかったとしても、若い時分の人生はほんの少しのきっかけで前に進んでいく。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ
次のページ
自腹で早押し機を買った先生
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ