<西日本>

1位 ザ・リッツカールトン大阪(大阪市) 750ポイント
シャンパンをお好きなだけ 欧州貴族の邸宅を思わせる内装。「ラグジュアリーホテルとしての人気が高い」(井村日登美さん)。入り口を抜けると絵画やシャンデリアで飾られた空間が広がり、日常とは違う空間に抜け出した気分を味わえる。
女性プランの利用者は20~40歳代が多く、入場するのに専用の鍵が必要な「クラブフロア」に泊まれるなど特別なもてなしを感じさせる。34階にあるラウンジでは、自由に軽食を取ることができ、シャンパンも好きなだけ飲める。午後2時半からはアフタヌーンティータイムで、和装の女性スタッフがマカロンやスコーンを3段のトレーに載せて運んでくれる。
2月に1階フロアを一部改装した。女性ショコラティエが作る24種類のオリジナルチョコレートや、館内と同じ香りがするアロマグッズなどホテルならではの品を買い求める人も多い。(1)Ready For Lady(2)1万8000円~3万1000円(3)英アスプレイのボディーローションなど


2位 リーガロイヤルホテル大阪(大阪市) 630ポイント
歴史と伝統…関西の迎賓館 「歴史と伝統を誇る関西の迎賓館」(南波綾子さん)。森や空をテーマにした客室や部屋中に花をおいたプランなど「快適性の高さが光る」(関屋淳子さん)。(1)お花いっぱいのスイートルーム(2)3万9000~4万2000円(3)仏ロクシタンのハンドクリームなど


3位 ラ・スイート神戸ハーバーランド(神戸市) 510ポイント
夜の海眺めてうっとり 小ぶりなホテルで、全70室が海側に面し、テラスからの夜景は素晴らしい。「ジャグジーを完備しており、朝食も品数豊富でリッチな気分を味わえる」(平野住枝さん)(1)LA SUITE GIRLS NIGHT(2)1万5000~4万4500円(3)トランスダーマの化粧水など


4位 名古屋マリオットアソシアホテル(名古屋市) 480ポイント
リゾートホテルのよう 専用のラウンジなどを使える特典も。「朝食時はリゾートホテルのよう」(伊藤明美さん)(1)癒しの空間~Natural Healing Room~(2)2万8000~3万1000円(3)仏サボンのボディーソープ


5位 ウェスティン都ホテル京都(京都市) 390ポイント
東山一望、絶好のロケーション 京都・東山を一望する絶好の立地で、敷地内の日本庭園や野鳥を楽しめる。「京都ならではの落ち着きが魅力」(飯島千恵子さん)(1)エグゼクティブステイ(2)1万2500~2万5500円(3)なし


6位 神戸北野ホテル(神戸市)
(1)お部屋でゆっくり“三段お重スイーツ”付Girl’sTalk(2)1万6500~3万3500円
7位 奈良ホテル(奈良市)
(1)レディースプラン まほろば(2)1万5000~2万500円
8位 神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸市)
(1)ガールズパーティ(2)1万~2万1300円
9位 ホテルグランヴィア京都(京都市)
(1)一日尼僧修行体験(2)3万3250円
10位 ウィズ・ザ・スタイル福岡(福岡市)
(1)Spring Holiday-ラグジュアリーな女子旅プラン-(2)1室3人利用で1人1万2900~2万1800円

表の見方 数字は選者の評価を点数化した。(1)プラン一例(2)1室2人利用時1人分の料金(消費税、サービス料込)。一部、別途宿泊税が必要(3)化粧品など。掲載プランや価格は季節などで異なることがある。東西1位の写真はイメージ、同2~5位はホテル提供。

調査の方法 全国のホテルに詳しい専門家に女性同士で泊まりたいホテルを推薦してもらい、東日本と西日本に分けてリストを作成。客室や宿泊プランの充実度などから順位付けしてもらった。選者は以下の通り。(敬称略、五十音順)

飯島千恵子(ホテル情報サイト「ホテルコンシェルジュ」編集部)▽伊藤明美(JTB西日本国内商品事業部)▽井村日登美(「エイチ・ワン」代表)▽小林しのぶ(旅行ジャーナリスト)▽関屋淳子(旅情報サイト「旅恋どっとこむ」)▽瀬戸川礼子(ジャーナリスト)▽田中紫乃(旅行情報サイト「トラベルズー」編集部)▽寺田直子(トラベルジャーナリスト)▽南波綾子(女性向け情報サイト「オズモール」編集部)▽平野住枝(ホスピタリティマネジメント)▽森下智美(「週刊ホテルレストラン」編集部)▽山田祐子(井門観光研究所)