マイクロソフトの新2in1サーフェス 画面比は3対2

日経PC21編集部が11メーカーの2021年秋冬モデル45製品を徹底調査。今回はマイクロソフトを取り上げる。同社はWindows 11(ウィンドウズ11)登場に合わせて「Surface(サーフェス)」シリーズを刷新。主力機からハイエンドの新顔まで4モデルをそろえた。いずれも2in1タイプ。画面の縦横比は3対2で、高性能なスタイラスペンに対応するのがシリーズ共通の特徴だ。

CPUと画面が大幅進化した「Surface Pro 8」

主力の「Surface Pro 8」は、画面を従来の12.3型から13型に大型化(図1)。CPUについては、インテルの第10世代Coreプロセッサーを第11世代へとグレードアップした(図2図3)。新しい着脱式キーボードは、専用ペンの収納と充電ができるのが魅力(図4図5)。改良されたペンの入力は、紙に書く感覚に近づけたという(図6)。

図1 主力モデルの「Surface Pro 8」は、背面のキックスタンドで自立するスタイル。別売でカバー兼用キーボードを用意する。新モデルはCPUが第11世代Coreプロセッサーに進化。画面は13型に大型化したうえ、解像度や明るさもアップ。リフレッシュレートは最大120ヘルツとより滑らかに表示できる。直販価格は14万8280円(価格は10月10日時点。以下同じ)
「Surface Pro 8」(マイクロソフト)
●CPU:Core i5-1135G7●メモリー:8GB●ストレージ:128GB SSD(PCIe)●ディスプレー:13型(タッチ対応)●OS:Windows 11 Home●主なインターフェース:Thunderbolt 4×2●無線LAN:Wi-Fi 6●生体認証:顔●画面解像度:2880×1920ドット●バッテリー駆動時間:16時間●サイズ:幅287×奥行き208×高さ9.3ミリ●重さ:891グラム(本体のみ)●オフィス:Office Home & Business 2021
図2 CPUはインテルの第11世代Coreシリーズを採用。インテルが提唱する「Evoプラットフォーム」をベースにしており、高速の起動や充電、バッテリーでの長時間駆動など高い動作性能を誇るという
図3 右面には、Thunderbolt 4端子とマグネット式の主に充電用の独自ポート、左面には3.5ミリのヘッドホン端子と音量調節ボタンを搭載している
図4 別売の「Surface Pro Signatureキーボード」は直販価格2万1890円から(ペン付きは3万3660円)。図10で紹介する「Surface Pro X」と共通化が図られ、既存のProシリーズ用との互換性はなくなった
図5 図4のSurface Pro Signatureキーボード上部には「Surfaceスリムペン2」が収納でき、ここにセットすると充電もされる
図6 新設計のSurfaceスリムペン2は充電式で、これまでより操作性や精度を向上させている。触覚モーターを内蔵し、Windows 11で動作する対応アプリ上にペンを当てると、紙と同様の自然な感触を再現できるという。本体とは別売で、ペンのみの直販価格は1万5950円
次のページ
シリーズ最高性能の変形2in1「Surface Laptop Studio」
MONO TRENDY連載記事一覧