高速光回線に潜む落とし穴 我が家の速度は大丈夫?Wi-Fi&光回線 困りごと原因徹底究明(3)

今回からからは、Wi-Fiを遅くする3つの要因を個別に見ていこう。まずはネット回線から。

現在、ネット回線の主流は光回線だ。しかし、高速が売り物の光回線にもかかわらず、これが遅さの原因になっているケースがある(図1)。

図1 光回線を使っているのに通信速度が遅い場合、「そもそもの契約プランが遅い」「宅内で使っているLANケーブルやハブの性能が低い」などの理由が考えられる

まずは、そもそもの契約プランが遅い場合だ。光サービスは2000年代初頭に登場し、数年後にはギガビットクラスの高速サービスが登場した(図2)。しかし、サービスの普及には地域差があり、高速化が実現したのはこれよりずっと後になった地域も多い。また、早い時期に光サービスを導入したマンションには、今でも100メガビット/秒(Mbps、メガは100万)以下のサービスしか利用できない建物もある。戸建て、マンションの居住形態を問わず、まずは入会資料などに目を通し、自分の光サービスの回線速度を確認しておきたい。

図2 多くの大手事業者の光回線サービス(下り回線)が高速化した時期を図にまとめた。2000年代前半にはギガビットクラスのサービスが登場している。しかし、集合住宅では、今でもメガビットクラスのサービスにしか加入できないケースも多い

ただし、各サービスが掲げるのは技術規格上の最大通信速度だ。実際の通信速度は自分で計測して確かめよう。まずは、通信速度が低下しやすいWi-Fiではなく、有線で計測する。ただし2ギガビット/秒(Gbps、ギガは10億)超の回線、Wi-Fi 6の環境では、ルーターの有線LANが1Gbpsの機種だとWi-Fi接続のほうが速いケースがある

LANケーブルでパソコンとWi-Fiルーターを接続し、速度計測サイトを使って調べる(図3図4)。

図3 まずは、LANケーブルでWi-Fiルーターとパソコンを接続し、有線によるインターネット通信速度を計測しよう。1Gbps超の回線を利用している場合、LANケーブルは図7に示したCAT5e以上のものを使用する
図4 Chrome(クローム)で「スピードテスト」を検索し、検索結果の先頭に表示された「速度テスト実行」をクリックすると、下りと上りの通信速度が測定される

実際に2つの家庭で測ったところ、どちらも最大通信速度の約8割だった(図5)。

図5 2つの家庭で実際の通信速度を測定した結果。最大1Gbpsのサービスも100Mbpsのサービスも、実効速度は8割程度だった
次のページ
既設のスイッチングハブが遅さの原因となることも