パソコン買い替え インテル最新CPU、性能が大幅向上2022年春のパソコン新潮流(1)

この春のパソコン商戦は、Windows 11時代の本格的な到来を告げるものになりそうだ。ほとんどのパソコンが11を搭載し、CPU(中央演算処理装置)やストレージ容量など基本性能を高めている。今こそパソコン買い替えの好機。その製品選びのツボを6回連載で解説する。まずは技術動向を見てみよう。

インテルの「第12世代CPU」が狙い目

春商戦の目玉の1つは、Windows 11世代の本命CPUと目されているインテルの「第12世代Core(開発コード名:Alder Lake)」が登場したことだ。前世代のCPUから大幅な性能向上を実現しつつ、「DDR5メモリー」など最新テクノロジーをサポートする(図1)。デスクトップパソコンではすでに搭載製品が発売されており、ノートパソコンも4月以降に搭載製品が登場する予定だ。

図1 Windows 11世代の本命CPUと目されているのが、インテルの第12世代Core(開発コード名:Alder Lake)だ。2種類のコアを搭載するなど内部構造を変えることで従来CPUより大幅な性能向上を実現。さらにDDR5メモリーやPCIe 5.0などの次世代テクノロジーをサポートしている点が特徴だ。第12世代Coreを搭載するデスクトップパソコンは、マウスコンピューターなどのメーカーからすでに発売されている

第12世代Coreが前世代までのCPUと大きく異なるのは、性能を重視した「Pコア(Performance Core)」と、電力効率を重視した「Eコア(Efficient Core)」の2種類のコアを搭載している点だ(図2)。

図2 第12世代Coreが前世代までと大きく異なるのは、性能を重視した「P(パフォーマンス)コア」と電力効率を重視した「E(エフィシェント)コア」の2種類のコアを搭載するハイブリッド・アーキテクチャーが採用されている点。OSが2種類のコアに効率良く作業を振り分けられるよう支援する「Thread Director(スレッド・ディレクター)」という機能が搭載されており、Windows 11との組み合わせで最大限の性能が発揮される(資料:インテル)

OS(基本ソフト)が2種類のコアに効率的に作業を振り分けられるよう支援する「Thread Director(スレッド・ディレクター)」という機能も搭載しており、Windows 11との組み合わせで最高の性能と電力効率を発揮する。

Pコアの実体はCore系統の最新モデル「Golden Cove」で、Eコアの実体はAtom系統の最新モデル「Gracemont」だ(図3)。インテルによれば、Pコアは従来モデルより性能が大幅に向上しており、EコアもAtom系統とはいえ、第10世代Core並みの性能を持つという。

図3 Pコアは従来のCoreシリーズに搭載されていたCove系コアの最新モデル「Golden Cove」、Eコアは従来のAtomシリーズに搭載されていたmont系コアの「Gracemont」。シングルスレッド処理の同一周波数動作での性能を比較すると、第10世代Core(Comet Lake-S)のSunny Coveコアに対し、Pコアが28%、Eコアが1%勝るという。電力効率重視とはいえEコアの性能も十分高い(資料:インテル)
次のページ
前の第11世代から大幅に性能アップ