SKY-HI 「俺たちは絶対にあなたの人生を応援します」連載 SKY-HI「Be myself, for ourselves」特別編(2)

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

ぴあアリーナMMで1月29日・30日に開催されたライブイベント「THE FIRST FINAL」。このライブは、SKY-HIがオーディション「THE FIRST」をこれまで応援してくれた人々への感謝の気持ちを込めた「祭り」と位置づけたもの。前回の「SKY-HI 『何回生まれ直しても君たちと出会いたい』」に続き、1月30日の夜公演の模様をお届けする。[「BE:FIRST」や「THE FIRST」についてはこちら

SKY-HI(写真:ハタサトシ/「THE FIRST FINAL」より)

「THE FIRST」の道のりを立体化してステージで見せるライブは、富士山合宿の2つ目「擬似プロ審査」へ。RYOKI、RAN、SHUNTO、TEN、SHOTA、RYUHEIによる『Move On』が赤を基調に凝縮感のあるステージ、LEO、SOTA、MANATO、JUNON、REIKO、RUIによる『Be Free』は一転して開放感のあるステージ演出。楽曲の解像度とパフォーマンスが格段に上がったステージは、オーディション当時よりも明確に、タイプの大きく異なる2曲が課題曲であった意味を見せてくれた。

そして、ステージは最終審査の1つ「クリエイティブ審査NEO」へ。ティーンエージャーであるSHUNTOとRYUHEIのユニット「96BLACK」の『addictive Art』、LEO、RYOKI、JUNONの「Club JRL」による大人の色気を感じさせる『Lonely Night』、RANとREIKOの「RanRei」が魅了する明るくキャッチーなディスコ調サウンド『Just FUN'ky』、SOTA、MANATO、SHOTAによる「Show Minor Savage」の音楽センスあふれる『No Cap Navy』が立て続けに披露された。ここのユニットパフォーマンスはファンが最も楽しみにしていたパートの1つだと思われるが、オーディション時より1歩も2歩も前進したステージを見せてくれたことに、今後への期待がふくらんだ。

リスペクトし合う関係性の構築に心を配る

「クリエイティブ審査NEO」が終わると、会場には最終審査の映像が流れた。「1年目の会社、初めてのボーイズグループプロデュース。興味本位やなんとなくでやってきたつもりはないです。『確実に日本の音楽業界に絶対必要な一歩であること』を、『日本にあふれる才能にとって必要な一歩であること』を常に感じながら進んでまいりました」「この一歩が本当に偉大な一歩であったと証明されるのは、きっと何年か先のことになると思います」などの当時のSKY-HIの言葉に続き、最終審査の課題曲であり、BE:FIRSTのプレデビュー曲でもある『Shining One』へ。

最終審査同様に「Team Shining」と「Team One」に分かれたパフォーマンスは、途中から2チームの同パート同士が歌い、サビでは全員が融合した10人で1つの大グループへ。個々のスキル面や心理的な成長だけでなく、「リスペクトし合う関係性」を築くことに繊細に心を配っていたSKY-HIを思い出した。もう1つ記憶がよみがえったのが、最終審査当日の彼ら。緊張感よりも全てをやり切った清々しさを浮かべた顔で、「一緒にパフォーマンスする最後の時間」へ楽しそうに向かっていった、あの日の彼らの後ろ姿だ。

次のページ
「自分を輝かせようとしてるヤツって素敵」