SKY-HI 「何回生まれ直しても君たちと出会いたい」連載 SKY-HI「Be myself, for ourselves」特別編(1)

日経エンタテインメント!

今回は、特別編として1月29日・30日にぴあアリーナMMで開催されたライブイベント「THE FIRST FINAL」の模様を振り返る。2021年4月から8月まで放送・配信されたボーイズグループ発掘オーディション番組「THE FIRST」。SKY-HIが、これまで「THE FIRST」を応援した人々への感謝の気持ちを込めた「祭り」と位置づけたこのライブ。BE:FIRSTの7人を含む富士山合宿に参加した14人(NAOKIは新型コロナウイルス陽性のため不参加)とSKY-HIを中心に、ゲストとしてBMSGに所属する15歳のラッパーedhiii boiと、BMSG第1号所属アーティストであるNovel Coreも出演した。ここでは1月30日の夜公演を取り上げる。[「BE:FIRST」や「THE FIRST」についてはこちら

「THE FIRST」のポーズをするSKY-HI(写真:ハタサトシ/「THE FIRST FINAL」より)

その構成は、オーディションの道のりを立体化してステージで見せる、前代未聞の試みとなっていた。それとともにオーディション参加者1人ひとりの著しい成長を見せながら、1アーティストとしての個々へのリスペクトも伝わってくるものだった。さらには、それを通してオーディションが生んだBE:FIRSTをはじめBMSGの際限のない未来をも感じさせた。

ライブは、「THE FIRST」でSKY-HIがオーディションへの思いを語るシーンの振り返りから始まった。「自分のスタイルのままで才能を開花できる環境を掲げた日本の新しいカルチャーというものを作りたい。それをしっかり発掘して世界で活躍できるボーイズグループを作りたい」「すごいダイヤモンドが眠っている鉱山を、誰も発掘することがなく廃れていく未来が見えたのがすごいヤバいなあと」など、番組での語りがプレイバックする。「THE FIRST」の原点を改めてかみ締めたところでステージに現れたのはSKY-HI1人。そして始まったのは、オーディションのテーマ曲であり「怖くても進め」と歌う『To The First』。参加したボーイズに捧げるこの曲で幕を開けたことは、「THE FIRST」の「FINAL」であるステージの始まりに、「これしかない」ものだった。

「こんなイケてるチームなんざ他にない」

次いで、3次審査の課題曲だったSKY-HIの『Mr.Psycho』が始まり、SKY-HIが「Let’s get started!」と呼び掛けると、ステージにはBE:FIRSTのSOTAとSHUNTOが登場。その後、残りの「THE FIRST」出身者も姿を現した。アリーナの広いステージに全員が横並びでダンスを披露。その一体感は、思いを1つに未来をつかもうとする「あの頃」のボーイズと、全身全霊を注いで彼らと向き合うSKY-HIの関係性を具現化するようだった。

パフォーマンス後、SKY-HIは「こんなたくさんの方にTHE FIRSTをサポートしていただいていたんだなあと改めて実感する一方で、たった1年でここまで来れたスタッフ、自分自身、そして何より参加してくれたみんなを心から誇りに思うし尊敬しています」とあいさつした。目を細めて1人ひとりを紹介したSKY-HIが、「『こんなイケてるチームなんざ他にない』ぜ!」と言うと、『Snatchaway』へ。

SKY-HIがステージを下がると、その後は、「THE FIRST」の各課題で披露した楽曲と、「THE FIRST FINAL」のためのオリジナルパフォーマンスが交互に展開。最初は、3次審査の課題曲であるDa-iCEの『BACK TO BACK』をMANATO(BE:FIRST)、SHUNSUKE、TAIKI、edhiii boiが披露。次に、JUNON(BE:FIRST)とSKY-HIが、オーディションの名シーンを再現するスキットを交えながら『ナナイロホリデー』を歌った。

次のページ
「THE FIRST」の仲間への思いを胸に