生地にこだわる新進ブランド タックインがおすすめ

「暖かくなってくると、ストライプやボーダーなどの柄物を手に取る方が店頭でも増えてきます。中でもボーダーはトレンド関係なく使いやすい柄なので、ぜひクローゼットに一着備えておいてほしいですね」

そう話すのは「EDIFICE(エディフィス)新宿店」の三浦健司氏。EDIFICEがCIOTA(シオタ)に別注した“パネルボーダー”と呼ばれる柄の一着を選んでくれた。無地の面積が大きいパネルボーダーは総柄のボーダーよりすっきりして見えるメリットがあるという。

CIOTAは原料の調達からデザイン、縫製までを一貫して自社で行う岡山発の新進ファクトリーブランド。特に超長綿と呼ばれるスビンコットンを使用したラインアップに定評があり、バスクシャツも、ふっくらと柔らかな肌触り。EDIFICE別注はインラインよりワンサイズ上のサイズで展開中。CIOTA / EDIFICE別注 スビンコットン パネルボーダー 2万6400円

「希少なスビンコットンを使用し、時間がかかるつり編み機で生地を作っているブランドはCIOTAくらいだと思います。シンプルなデザインだからこそ、素材の良さが引き立つ一着ですね。別注なのでサイズ感も大きく違います。大人の方がリラックスした雰囲気で着ていただくのにぴったりのバスクシャツです」

「肩口の肌がほどよく見えるボートネックも、夏らしい軽やかな印象を演出できるディテールです。首元の肌の露出が多いとダラシなく見えがちですが、ボートネックならその心配もいりません」

三浦氏が薦めるのは比較的ボーダーの面積が少ない“パネルボーダー”。身頃の中央部分以外は無地なのですっきりして見える
肩口にかけて適度に肌が見えるボートネック

着こなしに関しては、今年であればカットソーの裾をパンツに入れるのもおすすめだそうだ。一歩間違うとやぼったく見えてしまう着こなしだが、何かコツはあるのだろうか。

「細身ではなく、ゆったりしたシルエットのパンツを合わせたいですね。裾をしまう際には生地を少したるませて、ベルトの上に自然にかかるくらいが理想的です」

別カラーのネイビーを着用した三浦氏。トップスと同系色の生成りのパンツにタックインした

文:FACY編集部 杉山遼人(https://facy.jp/)


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE