実際に同店で顧客が選ぶサイズは、ここ数年でワンサイズほど上がっているという。ウェッソンは一枚で着るイメージも強いアイテムだが、コーディネートはどうすればいいだろうか。

カーディガンを合わせた着こなし。パンツはデニムではなく、あえてドレス寄りのスラックスを合わせた

「実はインナーとしてもすごく使い勝手がいいアイテムです。一枚で着るだけではなく、上にカーディガンを羽織るスタイルもおすすめしたいですね。重ね着した際にボートネックの特徴的な襟元がほどよいアクセントになりますよ」

大人も着やすいネイビー オーバーサイズで今っぽく

「ADAM ET ROPE'(アダムエロペ)渋谷PARCO店」のショップマネージャー、森田直也氏にも話を聞いた。大人がボーダー柄を取り入れる際はボーダーの幅が太すぎず、地色がネイビーのタイプが取り入れやすいと教えてくれた。条件に合う一着として選んでくれたのは、「ADAM ET ROPE' WILD LIFE TAILOR(アダムエロペ ワイルド ライフ テーラー)」がblurhms(ブラームス)に別注したバスクシャツだ。

日本の高い技術で原料や着心地にこだわった服作りを行うblurhms。インラインで展開しているバスクシャツにWILD LIFE TAILORがネイビーメーンの配色で別注。撚(よ)った糸を使って密度高く編んだ生地を大胆なオーバーサイズのシルエットで仕上げた。blurhms / WILD LIFE TAILOR別注 NAVY Basque PANEL T 1万9800円

「生地は、デニムのように糸の芯まで色が浸透しないように染めており、かすれたような独特の風合いが感じられます。他のブランドではありそうでない生地感ですね。鮮やかな発色のボーダーTシャツにはない抜け感を演出できるので、『ボーダー柄はちょっと気恥ずかしい』という大人の方でも着やすいと思います」

ここ数年で浸透したオーバーサイズのシルエットに仕上げているのもポイントだろう。ジャストサイズでボーダー柄のカットソーを着ると古臭く見えてしまうことがあるため、大人こそオーバーサイズの一着を取り入れてみてほしいと森田氏は話す。

単調なネイビーではなく、味わい深い独特のムラが感じられる生地
ドライな肌触りで汗ばむ季節にも重宝しそうだ

「デザインそのものはオーセンティックなバスクシャツに、現代的な要素を足すとしたらサイズ感の部分になるのかなと思います。生地の感触はガシッとしていますが、肩のラインは自然に落ちるように調整されています。大人の方がオーバーサイズで着てもサマになる一着ですよ」

身長175cmのスタッフが着用。センタープレス入りのデニムを合わせて大人っぽくまとめた
SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE
次のページ
生地にこだわる新進ブランド タックインがおすすめ