有森裕子 今こそ国立競技場のあり方を考えるとき

日経Gooday

日経Gooday(グッデイ)

2022年7月16日から25日(日本時間)にかけて、米オレゴン州ユージーンで世界陸上競技選手権大会(以下、世界陸上)が開催されました。大会初日の男子20キロ競歩では山西利和選手(愛知製鋼)が金メダル、池田向希選手(旭化成)が銀メダルを獲得し、山西選手は、世界選手権で日本人選手初の2連覇という快挙を成し遂げました。24日には、男子35キロ競歩の川野将虎選手(旭化成)が銀メダルに輝き、日本の競歩の強さを世界に示しました。

また女子やり投げでは、北口榛花選手(JAL)が、女子フィールド競技で日本勢史上初の表彰台となる銅メダルを獲得。男子100メートルでは、サニブラウン・ハキーム選手(タンブルウィードTC)が世界陸上で日本人初のファイナリストとなり、10秒06で7位入賞。男子走り高跳びでも真野友博選手(九電工)が日本人初の決勝進出で8位入賞を果たすなど、数々の歴史が塗り替えられました。

一方で、日本選手団にとっては、新型コロナウイルスが直撃した苦難の大会でもありました。男子マラソン代表の鈴木健吾選手(富士通)、女子マラソン代表の一山麻緒選手(資生堂)、新谷仁美選手(積水化学)などが陽性となり、レースを欠場。コーチ複数名も陽性となり、改めてコロナ対策の難しさを痛感させられる大会でした。日本でも第7波による過去最大規模の感染拡大が続くなか、改めてスポーツとコロナとの向き合い方について考え、さらに気を引き締めていかなければならないと感じました。

リアルイベントが次々に復活、全国を駆け回る日々

北海道むかわ町で小・中学生を対象に行ったマラソン教室の様子。(写真:Arimori Cupマラソン大会実行委員会)

さて、最近の私の活動のお話をすると、講演はもちろん、マラソン大会や陸上教室など、リアルなイベントが春頃から少しずつ増えてきました。どの現場でも感染拡大を防ぐための準備はしっかりしつつ、3年ぶりに全国各地に足を運んでいます。例えば、2022年11月に私の故郷で「おかやまマラソン」が3年ぶりに開催予定なのですが、この大会に向けた女性ランナー向けのランニング教室が、去る5月に岡山ドームで開催されました。女性参加者の裾野を広げることを目的に開催されたこの教室には、岡山在住の10代から60代の50人の女性ランナーが参加。私はゲストとして皆さんの前に立ち、走るフォームのポイントや、日常生活での筋力強化についてのアドバイスをさせていただきました。最後は一緒に並走させていただき、久しぶりの交流に自然と笑みがこぼれました。

子どもたちに向けた活動も再開しています。同じく5月には、北海道むかわ町にある穂別小学校の児童と穂別中学校の生徒の皆さんに向けて、マラソン教室を開催しました。本来なら300人ほどの中学生が参加する「Arimori Cup」というマラソン大会を開催する予定でしたが、コロナの感染拡大防止の観点から、代替イベントとして実施したものです。もともとこのマラソン大会は実行委員を中学生が務めてくれていて、小学生を整列させるなど、しっかり面倒を見てくれていました。感心するとともにほほえましくも思いました。

実際の指導は走り方の基本をアドバイスするぐらいでしたが、中学生を中心にみんなでチームを決めてリレーを実施しました。学年も関係なく、毎年参加してくれているダウン症の生徒さんも一緒に走り、周りは自然と応援する雰囲気になってとても盛り上がりました。

次のページ
コロナ禍で気づいた「リアル」に参加できない人たちの