上履きはママが重宝 小学校アイテム、大人が愛用

上履きやブリキのバケツ、ランドセルに文房具――。小学生時代によく使ったものをモチーフにした商品が大人の注目を集めている。「レトロでおしゃれ」といったデザイン性だけでなく機能性を評価して愛用する人も。誰もが慣れ親しんだ品だからこそ、それぞれの思い出も呼び起こす。仕事中も持ち歩き、会話のきっかけ作りに活用するなど大人流に使いこなしている。

機能はそのまま、大人流にアレンジ

「いろばき」は手を使わないで履けて、走っても脱げない。関真由美さんは「荷物を持って子供といると重宝する」という(東京都墨田区)

「かわいい」。2月、東京を訪れた前橋市の中村美保さん(32)は東京・蔵前で見かけた看板の前で思わず足を止めた。迷わず階段を上りデザイン事務所直営の雑貨店「ニューオールドストック」(東京・台東)の中へ。目当ての品は「いろばき」だ。

「いろばき」はデザイン事務所「オトギデザインズ」の森岡聡介さん(34)がデザインを手がけ、アキレス(東京・新宿)が製造を担うコラボ商品だ。「なじみあるものの良さをいかした上で新しい価値を生み出したい」。台東区が運営する廃校した小学校を改修して作ったアトリエ「台東デザイナーズビレッジ」に入居し、構想を練っていたところにふと頭に浮かんだのが「上履き」だった。

中敷きに「みぎ」、「ひだり」と書いたり、カラフルな色を採用したり。デザイン性の高い商品だが、それだけでは大人の心はつかめない。東京都墨田区の関真由美さん(35)は第2子を妊娠中で「すぐに履けて歩きやすい靴を探していた。目的にぴったり」。中村さんも「丸洗いできるところも良かった。実用性のある商品かどうかも重要」と話す。

機能性も受けて、2010年の発売以来、インターネット販売と合わせて毎月20~30足売れる人気商品になった。

MONO TRENDY連載記事一覧