洋画と邦画、同じ料金・価格ならどちらがもうかる?日経エンタテインメント!

映画のブルーレイ&DVDソフトの価格や、1800円の入場料の内訳はどのようになっているのか。ソフトも入場料も、邦画と洋画で価格が異なる。そこで「日経エンタテインメント!」が、公開時数百スクリーンの大型作品について調べた。

まず、映画の新作DVDの収益構造はどうなっているのか。価格を通常版の4000円と仮定して解説してみよう。

邦画も、ハリウッドの大手映画会社が販売する洋画大作も、販売店のマージン(25%)、卸業者の手数料(10%)、製造原価(パッケージ代や配送料を含み300円、ブルーレイは400円)、販促費の比率(10%)は基本的に同じ。家電量販店やネット通販が新作を「10%オフ」など値引きして販売することがあるが、販売店が得るマージン部分を削って値引きにあてている。

邦画と洋画で異なる点はどこか

邦画と洋画で構造が異なるのが、印税と販売メーカー手数料だ。邦画の場合、監督、脚本家、(小説やマンガ原作の映画化の場合は)原作者、JASRAC(音楽使用料)へ印税を支払うことが義務づけられており、金額はそれぞれ定価の1.75%と定められている。販売メーカー手数料が10%。これらを差し引いた30.5%(1220円)がもうけとなり、製作費を出資した企業で分配される。

洋画大作の場合、世界的に大量販売するため、新作発売から数カ月がたつと値引きしやすい。だから、2000円以下の廉価版も出しやすい。洋画大作DVDの通常版で見ると、1900円が儲けでパッケージ価格の約半分を占める。なお、DVDとブルーレイのパッケージの価格差は約1000円あり、メーカー的にはブルーレイが売れるほうがおいしい。「3D&2Dブルーレイセット」など様々なバリエーションがある

一方、洋画大作の場合、邦画の印税と販売メーカー手数料を含めて映画会社の収入となるため、47.5%(1900円)と邦画より高くなる。ただし、印税は映画会社が世界の売り上げを基に計算してまとめて支払っている。印税の比率や支払う相手は作品の契約によって異なり、プロデューサーや俳優が印税を得ることもある。

洋画大作は世界で大量に販売するため、新作発売から数カ月がたつとメーカー側で値引きするケースが多い。例えば、発売後3カ月程度で50%オフ、6~7カ月程度でDVDなら「どれでも3枚3000円」、ブルーレイなら「どれでも2枚3000円」と低価格化している。

エンタメ!連載記事一覧