あのタレントの稼ぎはいくら…最新ギャラ相場日経エンタテインメント!

景気に明るさが見え始めたとはいえ、長く続いた不況の影響はテレビや音楽などエンターテインメントの各業界に深い爪痕を残している。それは「制作費削減」や「コストカット」と呼ばれ、クリエイティブにかけられる金額は年々少なくなっていった。人件費も減らさざるをえない。

そんなお金のかけられない厳しい状況にあってもヒットは生まれているし、変わらずにもうけている人気者たちもいる。いまエンタ業界のお金事情はどうなっているのか…。今回は人気者のお金事情について見ていこう。芸能人や業界人がどれだけ稼いでいるのか、人へのお金の流れを知ることは、業界自体の経済状況を知ることになる。

【バラエティー番組のギャラ】 大物は1時間200万円以上、ひな壇芸人は…

人気者の「お金事情」、まずはテレビ業界編。バラエティー番組に出演するタレントと、裏方で働くテレビ業界人のふところ事情を、芸能プロダクションのマネジャーA氏と在京テレビ局社員のB氏に聞いた。

スポンサー収入が減り制作費の削減が進んだ結果、各局とも増えたのがお金のかからないトークバラエティー番組だ。1時間番組1本の制作費は、ゴールデン帯でおよそ2000万~3000万円。番組で一番お金をもらっているのは、お笑い芸人などが務める進行役のMC。「たけし、さんま、タモリ、ダウンタウンなどのトップクラスで現在は200万~300万円が実勢価格」(A氏)という。

あとはベテラン俳優などのご意見番ゲストが1人30万~80万円、10万~30万円の“ひな壇芸人”を数人そろえれば、番組の格好はなんとか出来上がる。

さらに経費を抑えるなら、スタジオを使わないロケがベスト。ぶらり旅番組や、飲食店とロケバス内でのトークが多い深夜番組が増えているのはそのためだとか。

ちなみに地上波以上に予算が厳しいBS、CS放送だが、ときおり人気俳優が海外の美術館を紹介したり、山を登ったりする特別番組が放送される。「あの手の番組は、本人が行きたい場所や興味のあるテーマで番組を作ることを条件に、オフの期間に格安のギャラで出てもらう」(B氏)という。

制作会社ADは月収18万円、テレビ局プロデューサーなら2000万円も

テレビ業界人のふところ事情はどうか。在京キー局の場合、テレビ局の社員プロデューサーならば30代で年収1000万円以上、40代で1500万円以上と景気に左右されず高収入。トップのエグゼクティブプロデューサーは2000万円以上になる。

ただし制作会社のプロデューサーだと、年収500万円程度と格差がある。「一番悲惨なのは制作会社から派遣されているAD(アシスタントディレクター)です。テレビ局からの支払いは1カ月で約30万円ですが、制作会社から天引きされ、本人に振り込まれるのは18万円程度です」(B氏)。

一部の売れっ子は会議でしゃべるだけで年収数千万円ともいわれる放送作家の実態はどうか。「現場で台本を中心になって書いているレギュラー作家で、1時間番組1本10万円が相場」(B氏)。週1のレギュラーを3~4番組持てば月に100万円以上を稼げる。それでもフリー稼業ゆえに家や車のローンやカードの審査が通らないなどの悩みもあるそうだ。

エンタメ!連載記事一覧