旅を快適にしてくれるグッズ何でもランキング自分の用途にあわせて

寒さの中に春の気配が漂い始め、旅行の計画を練る人が増えてくるころだろう。円高で海外に出かけやすく、格安航空会社の参入など学生の卒業旅行の好条件もそろう。専門家に旅を快適にしてくれる便利な旅行用品を選んでもらったところ、様々な場面で使えるアイデア製品がそろった。

1
830ポイント
シスプラ(変換プラグ)
世界の多くの国のコンセントに対応するアダプタープラグ。2つのパーツに付いている複数のピンの形やパーツ同士の組み合わせ方を様々に変えることで8タイプのコンセントになる。ただし、日本国内専用の電化製品の場合、別に変圧器が必要。
「海外で電化製品を使用する際の必需品。ぐらつきにくい万能プラグでコンパクトでかさばらないのもいい」(和田一真さん)、「常に携帯する旅グッズ。海外の友人に土産であげたこともある」(寺田直子さん)
(1)2480円(2)忠利インターナショナル 042・477・8241
2
520ポイント
バッグとめるベルト
キャスター付きバッグの上に載せた手荷物をしっかりと固定するベルト。片方の環状ゴムをスーツケースなどのスライドハンドルに通し、ゴムのベルトを手荷物の下から回して、もう一方の環状ゴムをハンドルに通すだけ。ゴムの伸びと長さを調整することで、ビジネスバッグやボストンバッグなど大小の手荷物に対応する。
「載せた荷物がずり落ちないようにひもで縛ることもあったが、このベルトはスマート」(沖島博美さん)
(1)998円(2)ゴーウェル 075・311・1515
3
510ポイント
衣類圧縮袋
セーター1~2枚が目安のLLから、ハンドタオル2~3枚のSまで4種類のセット。衣類を入れてチャックを閉め、丸めながら空気を抜いていく。空気の抜け穴が2カ所あるので女性の力でも無理なくコンパクトに圧縮できる。丈夫なナイロンとポリエチレンを使用しており、繰り返して使うことが可能。
「あるのとないのでは収納スペースの使い方が全然違ってくる」(斎藤幸男さん)、「機内が寒いときに備え、セーターを手荷物で持ち込む時にも便利」(富本一幸さん)
(1)1155円(2)コンサイス 03・3685・0811
4
460ポイント
フライトソックス コットンフィール
飛行機などでの長時間の移動の際、足の疲れやむくみを軽減させるソックス。「エコノミークラス症候群」を予防する一助にもなる。足首からふくらはぎへと段階的に圧力を低くすることで血行を促進する仕組み。膝下丈で、性別年齢を問わず着用できる。
「血行をよくするソックスは必需品。使い慣れると日常でも足が軽くなる」(井門隆夫さん)
(1)2100円(2)ドクター・ショールフットケア相談室 03・5718・3215
5
410ポイント
ハンドルサック
お土産などで荷物が増えたときに便利な折り畳みバッグ。キャスター付きバッグのスライドハンドルに固定でき、上に載せても落とす心配がない。折り畳んだ時はポシェット程度のサイズで、広げると容量は約12リットル。一回り大きい約26リットルのサイズもある。
「スーツケースの重量オーバーが分かった時、超過分を手荷物にする時にも使える」(高木英二さん)
(1)2100円(M)(2)スワニー 0879・25・0252
6
400ポイント
どこでも洗タクぱっく
滞在先で手軽に洗濯できるセット。ビニール製の洗濯パックに洗剤、水、洗濯物を入れてもみ洗いし、上下のチャックを開けて上から水を注いですすぐ。最後はパックごと丸めて脱水する。Tシャツや下着などの洗濯に便利。繰り返しの使用が可能。
「部屋で洗濯する際、シンクの汚れを気にしなくていい」(寺田さん)
(1)714円(2)ラッキーシップ 06・6362・1012
7
340ポイント
ラゲッジチェッカープラス
飛行機旅行で預ける荷物や機内に持ち込む荷物の重さを計測するはかり。航空会社によって許容重量が異なり、事前計測に便利。荷物にストラップを引っかけゆっくりと持ち上げ、重量が確定するとブザー音がなる。50キログラムまで量れ、普段の宅配便の重量チェックにも。
「昨今は重量制限が厳しい。いつもこれで量って荷造りしている」(松田朝子さん)
(1)1995円(2)マキノトレーディング 042・769・2802
8
310ポイント
ハイテク保湿マスク
飛行機内やホテル内など乾燥した場所で使うことを想定した保湿マスク。湿度を調整するポリマーシートを使い、自分の呼気でしっかり保湿し、喉や鼻の乾燥を防ぐ構造にしている。3ミクロン対応フィルターでウイルスの侵入対策にも。2枚入り。
「寝て起きた時に感じる喉のイガイガの緩和に。持っていると安心するアイテム」(田中寛子さん)
(1)420円(2)ミナト製薬お客様相談室 0120・47・3710
9
290ポイント
コンフォートトラベルピロー
特殊なバルブシステムを採用し女性や子どもでも楽に膨らますことができる旅行用枕。バルブボタンを数秒間押すだけで空気が抜け、使わないときはコンパクトにまとまる。カバーは肌触りのいいマイクロフリースで取り外して洗濯できる。チェリーレッド、ネイビー、チャコールの3色。
「個人差はあるが2~3息で膨らませることができ、かなり簡単」(嶋田美保さん)
(1)1890円(2)エイ・アンド・エフ 03・3209・7669
10
280ポイント
トラベルトイレタリーオーガナイザー
化粧品や洗面用具を収納できるポーチ。チャックを開いてそのまま浴室などの壁に掛けられるフック付。3つのジッパーに6つの内ポケットがあり小物をすっきりまとめられる。幅19センチ×高さ14センチ×奥行き7センチで、もう一回り大きいタイプも。緑、赤、オレンジ、紫、黒の5色。
「ありそうでなかった、使い勝手の良いデザインの旅行用ポーチ」(郷らむなほみ)
(1)1890円(S)(2)イデアインターナショナル 03・5446・9530

ランキング上位を占めたのは、国内外を問わず使える製品だ。圧倒的な支持を集めた1位の「シスプラ」だけは海外でしか使用できないが、それ以外は汎用性の高いものが目立った。

スーツケースのスライドハンドルに手荷物を固定する2位のベルトや5位の折り畳みバッグは、旅行だけでなく、出張時にも重宝しそうだ。4位に入った着圧ソックスや8位の保湿マスクのように主に飛行機での使用を念頭に開発されたものでも、電車やバスで旅行する際にも愛用する人は多い。

9位のコンパクトな旅行用枕は、息を吹き込めば簡単に膨らむので、長時間の移動を余儀なくされる場合にはバッグに入れておいてもよい。

旅行以外のシーンで活用できるものも多い。3位の衣類圧縮袋は普段の生活でも収納スペースを省くのに役立つ。7位の計量器は宅配便を送るときの重量計測などに、10位の旅行用ポーチはフィットネスクラブやプールに持って行っても便利だ。6位の洗濯用パックは「防災アイテムとしても使える」(斎藤幸男さん)という声が挙がった。

旅行用品は、なくても何とかしのげるものの、あれば旅を快適にしてくれるものが多い。ほかにも気圧調整機能付きで飛行機の離着陸時の耳の痛みを軽減する耳栓や、立体構造でアイメークが取れにくいアイマスク、伸び縮みするひも状のダイヤル式ロックなど工夫を凝らした製品が雑貨店や通販サイトにそろっている。自分の旅の用途にあったものを選んでみてはいかがだろうか。

手元にあるものでも工夫を

快適・便利グッズがない場合は手元にあるもので工夫できる。例えば旅先での下着やTシャツなど小物の洗濯。シンクや風呂場を使い、洗ってすすぐところまではできても、脱水で困ることが多い。そのときはバスタオルにくるみ、手で押すなどして水分をおおむね取った後でバスタオルごとくるくると巻けばきれいに脱水できる。

長時間の移動では、エコノミークラス症候群の予防が大切だ。水分を多めに取るのは鉄則。意識的にトイレに行くなどなるべく体を動かし、利尿作用のあるコーヒー、紅茶、アルコールは控えめにした方がよい。


表の見方 数字は選者の評価を点数化。(1)目安の価格(2)メーカーや販売会社名と問い合わせ先の電話番号
調査の方法 複数の専門家に大手雑貨店や通販サイトで購入できるおすすめの製品を挙げてもらい、その中から25商品を選出。機能や使いやすさ、価格の手ごろさ、デザインを踏まえて順位を決めた。選者は次の通り(敬称略、五十音順)
井門隆夫(井門観光研究所代表取締役)▽沖島博美(旅行作家)▽郷らむなほみ(フリーランスライター)▽斎藤幸男(東急ハンズ新宿店トラベル用品担当)▽嶋田美保(地球の歩き方T&E通信事業部仕入れ担当)▽高木英二(近畿日本ツーリストグループ ツーリストエキスパーツ所属海外添乗員)▽田中寛子(渋谷ロフト販売促進)▽種村実穂(旅行作家)▽寺田直子(トラベルジャーナリスト)▽富本一幸(トラベルニュース編集長)▽松田朝子(「女性の旅研究会」サイト管理者)▽吉田友和(旅行作家)▽和田一真(JTB商事 J’s旅道具池袋店店長)
エンタメ!連載記事一覧