2021/8/21

2大ポロシャツ、色で選ぶなら…

定番色の表現に定評ある「ISIS」か? 万彩そろう「L.12.12」か?

名作ポロシャツの双璧、「ISIS」と「L.12.12」。ともに豊富な色バリエを展開しているが、ここにも両者の個性が色濃く反映されている。その違いを解説しよう。

上品に着やすい色が充実する“ISIS”

言葉では表現できない絶妙のカラーニュアンス

あまたの名門ニットブランドを擁する英国のなかでも、ジョン スメドレーの色彩表現は唯一無二の個性を放っている。その特徴は、非常にニュアンス豊かな発色。たとえば大定番のネイビーも、ほのかにグレーがかったマットなトーンが極めて独特だ。また中間色の表現にも目を見張るものがあり、濃淡入り交じった「シルバー」(右上)や、優美な雰囲気を感じさせる「クラウド」(右下)などはまさに絶妙だ。各2万8600円(リーミルズ エージェンシー)

column
「ISIS」の象徴的素材、シーアイランドコットンとは?
「ジョン スメドレーズ シーアイランドコットン」の名で知られる最高級綿は、ブランドの春夏コレクションにおける金看板(秋冬ものはニュージーランドメリノを採用)。ふんわりと柔らか、それでいてしっとりと滑らかな肌触りで、かすかな光沢もたたえた極上素材だ。耐久性にも優れ、形崩れしにくいのも魅力。

ダークカラーから鮮やかな色までそろう“L.12.12”

大人の洗練を生むクリーンな発色

今季は計18色を展開する「L.12.12」。ジョンスメとはまた違った趣を感じさせるカラーパレットが魅力的だ。

世代も国境も性別も超えて愛されるマスターピースだけあり、色とりどりのカラーバリエーションに目を奪われる。クラシックなベージュ、ビビッドなイエロー、やさしげなベビーピンクとテイストも様々だが、どれもクリーンで都会的なトーンで表現されている点に注目したい。一見ちょっと派手かなと思うような色も、実際に着てみると不思議なほど大人らしく着こなせるのがラコステらしいところだ。各1万4300円(ラコステお客様センター)

column
「L.12.12」を象徴する、プチピケとは?
創業者ルネ・ラコステが初めてテニスウェアに採用したプチピケ(鹿の子)素材。伸縮性・吸汗性に優れた快適な着心地は瞬く間に話題となり、スポーツシーンだけでなく街着としても浸透していった。基本的なレシピは同じながら、時代とともに改良がなされ、現在は洗濯をくり返しても縮みにくい高品質を実現。
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
次のページ
2大ポロシャツの“今”な着方を考える
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram