ボーダーTシャツで夏満喫 無地より上品、大人の1着

ピッチが太いか細いかでボーダーTシャツの印象は大きく変わる

全国のアパレルショップの情報を集めたウェブメディア「FACY MEN(フェイシーメン)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を超える利用者の閲覧情報を分析、次のトレンドを読み解く。




FACY MENのメディア内では、「シャツ / Tシャツ」に関する記事が最もよく読まれていた。今回は今季のトレンドアイテムであるボーダーTシャツについて取り上げる。

シンプルな無地Tシャツの人気が堅調な一方、今季はボーダー柄のTシャツを店頭でよく目にする。ともすれば地味な印象になりがちな無地に比べて、ボーダー柄はコーディネートに変化をつけやすい。注目を集めている背景には、ここ数年続く“無地Tブーム”への反動もあるだろう。ただ、ピッチ(幅)や配色によっては、幼い印象を与えやすいアイテムだ。大人はどんな一着を選べばいいだろうか。FACYに登録する各店に、今季おすすめのボーダーTシャツを聞いた。

大人のピッチは「極細」 生地は柔らか質感

「ボーダーのピッチは太いほど子供っぽく見えやすい傾向があります。大人には、極力細く、無地に近い見え方をするものを選ぶようおすすめします」

上質なデイリーウエアを展開する、エディフィスのオリジナルブランド「ラブークル」の一着。素材には特殊な加工で毛羽を取った糸を使用し、滑らかな肌触りに仕上げている。LA BOUCLE / BIG Tシャツ BORDER 9350円

そう語るのは、東京都新宿区にある「IENA EDIFICE LA BOUCLE(イエナ エディフィス ラ ブークル)NEWoMan新宿店」の松原将平氏だ。条件に合う一着として、同店オリジナルのボーダーTシャツを薦めてくれた。

「最大のポイントはシルエットです。これまでボーダーTシャツはジャストサイズで着るのが主流でしたが、トレンドを反映した大きめの作りになっています。生地は繊細な細番手の糸を用いているので、柔らかな質感です。肩の落ち方がキレイなのもポイントですね」

ボーダーのピッチだけでなく、シルエットや生地の質感にもこだわりを感じる一着だ。おすすめのコーディネートも松原氏に聞いた。

身頃のボーダーと同色のネックリブがさりげないアクセント
松原氏による、ワイドシルエットのデニムとレザーシューズを合わせたコーディネート。もたついた印象にならないようにトップスはタックインしている

「ややルーズなシルエットなので、太めのボトムスと合わせると、バランスがとりやすいと思います。足元はレザー素材のスリッポンやサンダルと合わせると、大人っぽく見えますよ」

次のページ
長めの袖でゆったりシルエット パンツは同系色で
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram