セットアップの相棒探し 定番「白T」超えるコーデADAM ET ROPE'ルミネ横浜店 小出友樹さん

ADAM ET ROPE'ルミネ横浜店 小出友樹さん
ADAM ET ROPE'ルミネ横浜店 小出友樹さん

ビジネススタイルのカジュアル化が進み、セットアップを仕事着にする人が増えている。そのインナーといえば、白のTシャツが定番だったが、そのワンパターンでは新鮮さに欠けると悩む人も多いだろう。セットアップとカットソーを組み合わせる着こなしのバリエーションや「今年らしい着こなし」について、プロはどう考えるのか。ADAM ET ROPE'(アダムエロペ)ルミネ横浜店で副店長を務める小出友樹さんに聞いた。




セットアップのインナー、「薄さ」と「サイズ感」が肝

――普段、セットアップのインナーにはどんなアイテムを提案されていますか?

「これまでは使い勝手のいい白のカットソーをすすめていましたね。ただ、今年はおしゃれなビジネスウエアを求めるお客様に、新たな選択肢を用意したいところでもあります。トレンドにもなっている、カラーリングに特徴のあるTシャツをおすすめしています」

――インナー選びでは何を重視したらいいでしょう?

「夏用のジャケットは薄手のものが多いので、袖の形が表面に響かないような、薄い生地のTシャツがいいかと。あとは上着のポケットにスマートフォンやタバコなどを入れるとシルエットが崩れてしまうので、代わりに収納できる胸ポケットつきのものが便利です」

――ジャケットの生地感やシルエットを損ねないようにするのですね。デザインについては、どうですか?

「近年はオーバーサイズのアイテムがトレンドですが、ジャケットのインナーに関しては裾からはみ出ない、ルーズすぎないサイズ感にしましょう。また仕事の場で身につけるのであれば、首元が詰まったものをチョイスすると、より洗練された印象になります」

次のページ
ネイビー×黒でシックに スリッポンをアクセントに
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash