「大人見え」確定 長く付き合えるナイロンアウター

今の季節、ナイロンアウターがあると便利
今の季節、ナイロンアウターがあると便利

全国のアパレルショップの情報を集めたウェブメディア「FACY MEN(フェイシーメン)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を超える利用者の閲覧情報を分析、次のトレンドを読み解く。




FACY MENのメディア内では、「シューズ」に次いで「アウター」の記事がよく読まれていた。

「アウター」に関連する記事の内容を見ると、「アウトドア」や「生地」が頻出語となっていた。今回はアウトドアのシーンだけでなく、日常着に用いられることも多いナイロン素材のアウターに注目する。

脱ぎ着しやすく、たたんで持ち歩いてもシワになりにくいナイロンアウター。新型コロナウイルスが気になる昨今、気軽に洗濯できる点も支持される要因だろう。今回はFACYに登録する各店おすすめのナイロンアウターを紹介する。

ナイロンぽくない生地感 発色・デザインにもこだわり

「ナイロンアウターは、選び方次第では子供っぽく見えてしまいます。大人の男性ならロゴや柄が入っていないシンプルなものがおすすめですね」

そう教えてくれたのは、東京・吉祥寺にある「ROL(ロル)」のストアセールスマネージャー、葛西剛史氏だ。条件に合う一着として、日本発のブランド、LAMOND (ラモンド)のブルゾンを紹介してくれた。

大人に向けた上質なモードデザインを提案するブランドの一着。「ナイロンオックス」というコットンのような肌触りの生地を使用している。天然素材で染色しているため、自然な発色も魅力。LAMOND / NYLON OX STAND BLOUSON 2万3980円

「素材や色、シルエットがどれも絶妙です。このブランドにしか出せない雰囲気を感じます。コーチジャケット風のデザインですが、コットンのような表情のナイロンを使用しており、カジュアルさは控えめです。価格が比較的リーズナブルな点も人気の一因ですね」

ありそうでなかなか見つからない、シャツとジャケットの中間のようなデザインもユニークだ。着こなし方についても葛西氏に聞いた。

こちらはベージュ。コットンのような自然なしわの雰囲気が目を引く
次のページ
フィッシングウエアに着想 暖かい日も快適
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram