楽ちんパーカー大人っぽく 素材・デザインひとひねり

落ち着いた黒はパーカーの定番色
落ち着いた黒はパーカーの定番色

全国のアパレルショップの情報を集めたウェブメディア「FACY MEN(フェイシーメン)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を超える利用者の閲覧情報を分析し、次のトレンドを読み解く。




FACY MENのメディア内では「トップス」カテゴリーの記事が最も閲覧されていた。

ニットやフリース、ロンTのアイテムをまとめた記事も人気があったが、特に閲覧数が多いアイテムが「パーカー」だった。

肩肘張らないカジュアルさが魅力のパーカーだが、デザインや着こなしによっては、くだけた印象を与えることもある。大人がおしゃれに着こなすには、どのような一着を選べばいいのだろうか。今回はFACYに登録する各店におすすめのパーカーを紹介してもらった。

カジュアルさを抑えた素材使い 裾のスリットにも注目

「当店ではカジュアルさを抑えた上品なパーカーが人気です」

そう語るのは「EDIFICE(エディフィス)渋谷スクランブルスクエア店」の浜田孝寛氏。薦めてくれたのはEDIFICEオリジナルの「ライトダンボールサイドジップパーカー」だ。

2枚の生地を中糸でつなぎ合わせた段ボールのような構造の素材を使っている。肉厚の生地にも関わらず、着心地は軽やかだ。トレンドを踏襲したややゆとりのあるシルエット。EDIFICE / ライトダンボールサイドジップパーカー 1万3200円(税込み)

「特殊な構造の“ダンボール素材”を使用しています。生地にハリがあり、シルエットも崩れにくいのが特徴です。フードがつぶれたり、生地がくたっとしたりと、パーカーがカジュアルに見える要因を解決した一着です」

素材だけでなく、デザイン面でもさりげない工夫が見られる。裾の左右のジッパー部分のディテールにも注目してほしいと浜田氏は語る。

サイドのスリット部分。インナーとのレイヤードも様になるディテール
センタークリース入りのスラックスと合わせたコーディネート。パーカーによくあるカンガルーポケットがないのも洗練された印象だ

「ジッパーを開ければ、スリットとして活用できます。シャツや明るい色のカットソーをインナーに着ることで、コーディネートのアクセントにできますよ」

次のページ
ヴィンテージのパーカーを大人の日常着に
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram