「スーツ派、欧州はもう銀行だけ」伊藤忠育ち塩川社長ジョイックスコーポレーション社長 塩川弘晃氏(下)

「ものやブランドの背景に語れるものがたくさんある英国で、服や雑貨に魅了されました」と話すジョイックスコーポレーション社長の塩川弘晃さん(東京・千代田の本社)
「ものやブランドの背景に語れるものがたくさんある英国で、服や雑貨に魅了されました」と話すジョイックスコーポレーション社長の塩川弘晃さん(東京・千代田の本社)

ポール・スミスやランバン コレクションの商品を販売するアパレル会社、ジョイックスコーポレーション社長の塩川弘晃さんは、伊藤忠商事時代、10年にわたり欧州でファッションの仕事に携わってきた。中でも2020年3月まで滞在し、2度の駐在で計9年間を過ごした英国では、伝統に裏打ちされた装いのスタイルに深く魅了されたという。ただ、カジュアル化の波はこれら欧州のビジネス界にも押し寄せている。現地で目の当たりにした、ファッションの大転換期の様子を聞いた。(この記事の〈上〉は「気分アゲる『ええもん着ましょう』伊藤忠育ち塩川社長」




愛着の一足 修理代にびっくり

――いま履いていらっしゃるのはボルドーの美しいダブルモンクストラップ。新品みたいにぴかぴか。靴のお手入れは自分でしているのですか。

「この靴は自分で鏡面磨きをしました。黒い靴よりも、こういうボルドーや茶系のほうが手入れのしがいがあって、楽しいですね。欧州に駐在している間に英国の靴にどっぷりハマって、たどり着いたのが僕の足形に合うこのエドワード・グリーンです。もう1足、一番好きな靴を持ってきたのですが……」

「これは最初に英国に駐在した04年ごろ、パリのセレクトショップで購入したもの。エドワード・グリーンとセレクトショップのダブルネームです。1枚革で最初は足が痛かったのですが、だんだんなじんできて、一番いい具合になった頃に底に穴が空き、ソールを張り替えました。まるまる取り換えたら、靴がもう1足買えるぐらい、えっ!と驚く修理代でした」

15年以上履いてきたお気に入りとのエドワード・グリーンの靴。こちらもきちんと手入れされ、ぴかぴかだ

――日々の着こなしでは靴や小物にどう気を配っていますか。

「ポール・スミスを着るときは特に、小物使いでちょっとしたアクセントをつけよう、と心がけています。今日は靴と時計以外はポール・スミス。ポップな靴下やユニークなカフリンクス、色を生かしたチーフなどでポールらしさを引き出すよう考えました。ランバン コレクションでコーディネートする時には逆に靴下は黒など無地にして、全体をシックにまとめます」

次のページ
身なりの「格」 小物の使い方もポイント
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram