石津「プリント柄のネクタイはいいですね。なんか新鮮だなあ。レジメンタルタイなんて決まり切っていて面白くないもんね。昔もプリントの小紋がはやって、よく着けていたけど、ここまで(柄で)勝負に出なかった」

「遊び」教わるのも店の楽しさ

――確かに、ネクタイが個性的で楽しいですね。トラッドなのに、攻めたプリント柄。

鴨志田「イタリアのプリント地を使っています。ネクタイは普通ジャカードがメーンですが、重いでしょう。プリントでしか出せない軽やかなエレガンスってあるんですよ。僕はネクタイはあえて個性的なものを出しているんです」

石津「トラッドの店でネクタイコーナーがひどいな、と感じるところがあります。もう、なんとかしろよ、という感じで。でも、それを修正できる人がいないの」

――どうひどいのでしょうか。

石津「トラッドネクタイのABC、といった50年前のセオリーがそのまま続いている。でもね、男の服って襟幅でもネクタイでも、ミリ単位が勝負。ネクタイも7センチなのか、8センチなのか、8.5センチがいいのか、そこを考えないと。でも在庫を無駄にしたくないから、そろばん上、細部のデザインを変えたくないんだろうね」

――きょうの鴨志田さんのネクタイは、タイバー(ネクタイピン)とピンホールカラーでVゾーンが立体的ですね。

鴨志田「僕は貴金属ものがあんまり好きではなくて、タイバーも若い頃は絶対しませんでした。でも、ちょっとこう、“わざと”っていう演出もポール・スチュアートらしさなんですよね(笑い)。このアイテムは最近見かけませんから、新鮮かなと思います」

石津「僕もアンチタイバーではありません。実はたくさん持ってるの、タイバー」

鴨志田さんのVゾーンに注目。タイバーとシャツのピンホールカラーで、Vゾーンを立体的に演出する

――男の服で惟一「役割」が無くて遊べるものがネクタイ、というのが石津さんの持論ですよね。

石津「小物で遊んでもいいよね。そんなことを教わるのも店の楽しさ。やっぱり要は人だな。僕は、鴨志田さんが毎日店に立ってくれているなら、いつでも来たいな」

(聞き手はMen's Fashion編集長 松本和佳)


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram