ヴィンテージのパーカーを大人の日常着に

「パーカー以外の服にも言えることですが、肌触りのいいアイテムは、そもそも糸からこだわって作られています。大人であればデザインだけでなく、質の良さも重視して選んでほしいですね」

東京・吉祥寺にある「ROL(ロル)」のストアセールスマネージャー、葛西剛史氏はそう語る。葛西氏が薦めるのは、Re made in tokyo japan(アールイーメイドイントウキョウジャパン)の一着だ。

メイドインジャパンにこだわった上質な日常着を手がけるブランドだ。コットンとレーヨン混紡の柔らかい生地を採用している。すっきりとしたシルエットもポイント。Re made in tokyo japan / Classic Sweat Pull Over Parka 1万6280円(税込み)

「素材はコットンにレーヨンをブレンドしています。なめらかな肌触りで、着心地は抜群ですね。生地に適度な光沢があるので、見た目も上品な印象です。裾や袖の長めのリブに、さりげないヴィンテージの要素が感じられるところもいいですね。古き良きデザインを大人の日常着にアップデートした一着です」

幅広い着こなしと相性のいいベーシックなデザインだが、今ならどのように着こなせばいいだろうか。

「コーディネートする際はワイドパンツなどを取り入れて遊び心を演出するのがいいと思います。少し細身のシルエットなので、トレンド要素を取り入れたいのであれば、ワンサイズ大きいものを選んでみてもいいと思いますよ」

Lサイズを着用したコーディネート例。ワイドパンツを合わせてリラックス感のある印象にまとめている

セーター風の生地が新鮮 パーカー初心者からも好評

「Sig FREAK'S STORE(シグフリークスストア)新宿ルミネ2店」の景山敦史氏はセーターのような表情のミラノリブの生地を使ったパーカーを紹介してくれた。

「1日16時間、着用したくなる“ちょうどいい”服」をコンセプトにしたオリジナルアイテム。しっかりと編まれた中肉厚のミラノリブの生地はニットとスエットの中間のような風合いだ。ブラックとブラウンの2色展開。Sig FREAK'S STORE / ミラノリブニットパーカー 1万4190円(税込み)

「前面のポケットもなく、とことんそぎ落とされたデザインです。フード付きのセーターと捉えてもいいと思いますね。パーカーのカジュアルさに抵抗のある方にも好評いただいています」

色はブラックとブラウンがあるが、景山氏のおすすめはブラックだという。

「パーカーの定番色なので、素材のユニークさがより引き立ちます。一見するとなじみのあるパーカーですが、近くで見るとセーターというギャップを楽しんでほしいですね」

ひとひねりある素材のパーカーだが、どのようなアイテムと合わせればいいだろうか。おすすめの着こなしについても聞いた。

秋冬らしい印象のブラウンも魅力的。袖と裾の編み柄の切り替えがさりげないポイントになっている
チェック柄のワイドスラックスと合わせた例。上下ともにややゆったりしたシルエットだが、子供っぽく見えない

「トレンド感のあるチェック柄のスラックスと合わせてみるのはいかがでしょう。足元に白のスニーカーを合わせれば、すっきりとまとめやすいと思います」

文:FACY編集部 山梨幸輝(https://facy.jp/)


SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram