有森裕子 実況付きで「オンラインマラソン」は楽しい

日経Gooday

離れた人たちとバーチャルで一緒に走る「オンラインマラソン」ってどういうもの?(C) Dean Drobot-123RF
離れた人たちとバーチャルで一緒に走る「オンラインマラソン」ってどういうもの?(C) Dean Drobot-123RF
日経Gooday(グッデイ)

今年は例年よりも駆け足で時が過ぎていくような気がします。経済活動が少しずつ活性化し始めている一方で、新型コロナウイルスの流行の収束は見えないまま、2020年の秋を迎えました。体調を崩しやすい季節の変わり目でもあるので、引き続き気を緩めずに体調管理と感染予防を心がけましょう。

「オンラインマラソン」、最初はピンとこなかったものの…

この季節は本来ならマラソンシーズンの到来となるところですが、このコロナ禍で、大規模なマラソン大会は困難に直面しています。私が毎年スペシャルアンバサダーとして参加しているおかやまマラソンは、残念ながら今年は中止になり、毎年3月に開催される東京マラソンの次の開催は、来年(2021年)10月へと延期されました。

参加を楽しみにしていた大会が中止や延期となり、意気消沈しているランナーの方もいるかと思います。しかしそうした残念なニュースの傍ら、バーチャルで開催する「オンラインマラソン」といった新しい大会のスタイルも生まれ、各地で普及しつつあります。11月には、アシックスが仲間や家族のチームで参加できるオンラインの駅伝レースを開催するそうです。

「オンラインマラソン」と聞いても、あまりピンとこない方や、「それって楽しいの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。実は、私もそうでした。最初は何をするのかがイメージしにくく、面白さがいまひとつ分からなかったのですが、先日、実際にこうしたイベントを体験できる機会に恵まれ、認識が一気に改まりました。

「抜きましたよ!」ランナーの耳に実況、ゴールまで応援

私が参加させていただいたのは、瀬古利彦さん(横浜DeNAランニングクラブ エグゼクティブアドバイザー)が中心となって企画した、「GOGO2021 w/瀬古利彦&Friends」というイベントです。これは、離れた人と一緒にランニングが楽しめる「ライブラン」という専用アプリを使った、無料の「実況解説付きバーチャルランニングイベント」で、参加者はそれぞれ自分の好きなコースを走り、実況解説や応援をイヤホンで聞きながらゴールを目指します。

私はこのセッションに8月と9月の計2回、ゲストナビゲーター、つまり実況側として参加しました。大会には、日本各地のみならず、海外の参加者も含めた200人以上のランナーが参加。瀬古さんと私は、皆さんの走った距離や時速、順位などが映し出される画面を見ながら、レースの状況を解説し、応援メッセージをリアルタイムで届けます。

たとえば、「Aさん、1人抜きましたよ!」「今、BさんとCさんの順位が入れ替わりました!」「ゴールまであと〇分、がんばれ!」…といった感じです(参加者はあらかじめ登録したニックネームなどで呼ばれます)。スタート前に走り方などについての質問を送ってくれた方には、それについてレース中に答えたりもしました。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
まるで一緒に走っているような不思議な感覚と臨場感
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント