卓球、平野早矢香さん 体調維持のコツは「喉を守る」元五輪メダリストに聞く(下)

日経Gooday

現役時代は、技術が身につくなら深夜1~2時まで練習していたという平野さん
現役時代は、技術が身につくなら深夜1~2時まで練習していたという平野さん
日経Gooday(グッデイ)

ロンドン五輪卓球女子団体で銀メダルを獲得し、引退後はスポーツキャスターや朝のニュース番組のコメンテーターとして活躍中の平野早矢香さん。第3回は、アクティブな平野さんが、コロナ禍の外出自粛期間にどのように過ごして心身の健康を保ってきたのか伺った。

睡眠時間を削って目標を達成した現役時代

――前回、現役時代はストレスをためないように、食事のコントロールは神経質になりすぎないという話を伺いました。1日6時間以上のハードな練習をこなす上で、疲労を残さないために意識していたことは?

五輪でメダルを獲得するという大目標を達成するために、数カ月後の大会までに「このサーブ技術を身につける」「バックハンド技術を修正する」といった、より具体的でなおかつ短いスパンで達成させる目標を常に意識していました。小さな目標を達成して結果を残した蓄積が、五輪に挑める自信につながり、五輪までの4年間という長い時間の中でも、モチベーションを落とすということがなかった大きな要因だったように思います。

プチ目標を達成するために、深夜1~2時になろうが技術が身につくまで練習して、翌朝も練習ということもありました。睡眠を削ると回復力が落ちるので、通常ならあまり良くないトレーニング法だと思います。でも、誰よりもやったという練習量が自信になっていた私にとっては、それが自分流でした。

こうしたトレーニングができたのは、私がどこでも熟睡できる体質だったことが大きいかもしれません。海外遠征への飛行機に乗ってすぐ眠り、起きたら欧州に着いていたことがあり、12時間ほど熟睡していたことも。また、練習と練習の合間に昼寝を取り入れ、試合前は8時間睡眠を心がけて、体力を回復させてから本番に挑んでいました。疲労軽減という意味では、普段はもちろん、遠征先でもバスタブがある国では必ずお風呂につかるようにしていましたね。

あとは、食べ物の好き嫌いがないし、おなかを壊すことが少ない。多少おなかを壊しても、あまり気になりませんでした。何でも食べられて、おなかが丈夫というのは、月1回のペースで海外遠征があった私のようなアスリートにとって、とても重要だったと思います。

――体調管理で気をつけていたことは?

一度体調を崩すと、長い大会期間を乗り切れないですし、ドーピング検査もあって自由に薬も飲めないので、自分の体調を崩すパターンを知り、悪化する前に食い止める対応策を持つ必要がありました。

私が体調を崩すときは、必ず喉からきます。引退後も講演活動が多く、試合と同様、絶対に穴を開けられないので、喉がイガイガするなと思ったら、いつも持ち歩いているのどあめやマヌカハニーをなめたり、飲み薬を飲んだりします。理由は分かりませんが、濃いめにつくったカルピスを飲むと、喉のイガイガが治ることも(笑)。あとは、喉を守るためにマスクを着けて寝たり、加湿器をかけたりして予防しています。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
体が悲鳴を上げるほどの働き方を見直せた機会
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント