コロナで増えるAO・推薦志望 受験生に必要な心構え

写真はPIXTA
写真はPIXTA

大学入試改革と新型コロナ禍というダブルショックに見舞われている受験生。志望者が増えている「総合型選抜」(旧AO入試)と「学校推薦型選抜」(旧推薦入試)は夏から秋が本番だ。異例ずくめの年、受験生はどんな不安を抱えているのか、どう立ち向かえばよいのか、高校生や教育関係者を取材した。

6月下旬、受験関係者の間でちょっとした衝撃が走った。

慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の総合政策学部・環境情報学部が今年の夏と秋に実施するAO入試(2021年度入学者対象)の実施要項を公表。そこには大方の予想に反し、従来通りの入試スケジュールが記されていたのだ。

夏選考の場合、オンラインでの出願期間は7月1日から8月中旬まで。郵送による出願書類の提出が8月中旬、2次選考・合格発表が10月初旬。昨年とほぼ変わらない日程だ。もともと文部科学省は総合型選抜の出願を、去年までより1カ月ほど遅い9月1日以降と決めており、新型コロナ禍による休校の影響を踏まえ、さらにそれを2週間遅らせる方針を打ち出していた。

「コロナの影響で、入試は先延ばしになるとばかり思っていたので、いまちょっと焦ってます」(SFCを志望している都内高校の男子生徒)

大学入学共通テストも、追試として「第2日程」が新たに設けられたとはいえ、本試験は1月16、17日と当初の予定通りと決まった。9月入学論が盛り上がった頃がうそのように、入試スケジュールは振り出しに戻った感がある。肝心の受験生たちの心境はどうか。

学校推薦に希望殺到

福島県の公立高校3年の女子生徒はため息交じりに言う。「ただでさえ初めての共通テストで不安なのに、休校で勉強も遅れてしまいました。2年生までに3年分の全範囲を終わらせてしまう都会の進学校の子と同じ土俵で戦うなんて、もう無理だとあきらめました」

受験を控えた高校3年生200人を対象に実施した「受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査」(ODKソリューションズが4月実施)でも、7割を超える受験生が、「(休校期間の長さや授業の進むスピード、オンライン授業の有無など)学校ごとの対応の違いに不公平さを感じる」と回答。コロナの影響で受験方法の見直しを検討している受験生は約3割に上り、そのうち6割以上が早期に実施される総合型や学校推薦型の受験を検討していると答えた。

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
オンライン選考にも戸惑い
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録