「若いって面白い」 オリックス宮内氏が学生にエール20代へ80代から伝言(3) 宮内義彦氏

上野 自分で決めるときに、たとえ間違っていても後悔しないと思えるくらいの自信があればいいんですけど、確固たる自信が持てないです。宮内さんは様々な決断をしてこられたと思うのですが、決断する胆力はどうやって身につけましたか。

単位取得のために勉強するな

宮内 確固たる自信をはじめから持っている人なんて、一人もいないと思いますよ。でも、決断するにはやはりある程度、判断するための材料は必要です。それは勉強であり経験。リスクを減らすだけの十分な蓄積がないと決められないでしょう。いろいろな人に話を聞き、自分で体験し、情報収集をし、考えることです。上野君の場合、休学制度を利用して、今はダンスに打ち込んでみる。そんなことも考えられますね。

上野 大学の勉強についても、モヤモヤしたまま1年が終わってしまいました。せっかく東大に入ったのに、単位が取りやすい授業の情報がながれてきたり、教授が板書するばかりの授業だったりで、入学前に思い描いていた大学の姿とずれを感じます。

宮内 大学時代は、とにかく勉強するときです。若いときにしかできないことがあるとしたら、それは勉強。一番効率よく知識が頭に入るのは若いときですから。日本の大学生の一番の問題は勉強しないことです。オリックスでは海外の大学生も新卒採用をしているのですが、たいてい日本人より優秀です。海外の大学では、4年間アルバイトする時間もないくらい、必死に勉強しますから。日本のように入学が難しく、卒業がやさしいなんておかしい。日本でいま一番変わらないといけないのは大学ですよ。大学が変われば高校も変わります。

上野 具体的には何を勉強しておくといいと思いますか。

宮内 昔は読み書きそろばんだったわけですが、今は一般論として英語と、ICTと言いますか、プログラミングだと思います。おそらく今の若い世代は、昔より学ばなければならないことがものすごく増えてきている。だから、これからの人たちは、学びの時間をもっともっと長く取らなければいけないでしょう。世界では大学院まで勉強することがスタンダードになっています。文系でも4年間大学に行けばOKという時代は終わったと思いますよ。

それとね、単位のために勉強する必要なんてない。自分のやりたい科目を受講していくべきです。みんなが普通と思っていることから外れることはおかしいことだ、などと考えなくていい。

今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
次のページ
若い世代は物足りない? 「全然そんなことない」
今こそ始める学び特集
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録