スプリングコート 高機能素材なら天候急変でも安心

自分が探しているファッションアイテムについての質問を投稿すると、登録された全国のショップから回答が寄せられるファッションアプリ「FACY(フェイシー)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を数える利用者からの投稿内容を分析、次のトレンドを読み解く。

メンズ向けの「FACY MAN」の投稿件数の伸び率において、一番多かったのが「ジャケット・アウター」だった。

さらに投稿内容を詳しくみると、「ジャケット・アウター」カテゴリ内における頻出語は、春、コート、薄手などのワードが上位を占めた。

今回は、春に必須のアウターであるスプリングコートを取り上げる。その名称からか、着用できる期間が限られるイメージが強いが、インナーの選び方を調整することで、幅広い気温に対応できる。今シーズンは暖冬ということもあり、活躍の場がより広がっていると言えるだろう。今回は、FACYに登録する各店のおすすめを紹介しつつ、スプリングコートの魅力を掘り下げる。

機能性とミリタリー由来のデザインが人気

「当店では機能素材を使ったスプリングコートが人気ですね」。そう語るのは「ADAM ET ROPE'(アダムエロペ)」渋谷PARCO店の神原啓助氏だ。人気の背景には日本の繊維メーカーである「小松マテーレ」の影響があるそう。神原氏が紹介してくれたのは、同社の生地を用いたADAM ET ROPE'オリジナルの一着だ。

「国内の老舗素材メーカーということで信頼感もありますし、次々と機能をアップデートしていく革新性も魅力です。小松マテーレが関わっているアイテムにはつい注目してしまいますね。今回おすすめするコートもその一つです」という。

英国空軍が着用していたコールドウェザーパーカをモチーフにした一着。超軽量の高密度タフタ生地には、擦れた際に音がしないサイレントコーティングという加工が施されている。ADAM ET ROPE' / Silentcoating ストレッチコート 2万9700円(税込み)

「防風性や透湿性、はっ水性能に優れているので、寒暖差や天候変化の激しい春でも重宝します。さらに、生地にはシワになりにくいという特徴もあるため、お手入れが面倒な方にも人気です。そういった機能性に加え、ミリタリーウェアというアイテムのバックボーンに引かれる方も多いですね」

着用時の快適さはもちろんだが、使われている素材やデザインの背景に語れる要素がある点も渋谷PARCOに集まる若者を中心に支持されているようだ。着こなすなら、どのようなアイテムと合わせればいいだろうか。

次のページ
ジャケットの上に着用するなら、ゆったりサイズを
Watch Special 2020
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト