カート体験で子どもに笑顔を 佐藤琢磨の震災復興支援

レーシングドライバーの佐藤琢磨さん
レーシングドライバーの佐藤琢磨さん

米国フロリダ州セントピーターズバーグで3月15日(現地時間)、2020年の自動車インディカー・シリーズが開幕する。10年に自動車レースの最高峰フォーミュラ・ワン(F1)から米国のインディカー・シリーズに転身し、17年にインディアナポリス500マイル(インディ500)優勝という日本人として初の快挙を遂げたのが佐藤琢磨選手だ。インディカー・シリーズ参戦11年目を迎えた彼は、43歳の今も現役レーシングドライバーとして果敢に攻め続ける。そんな佐藤選手に、長年レースで活躍し続けられる理由や、東日本大震災を機に始めたキッズカートチャレンジへの意気込みについて聞いた。

レーシングドライバーが復興支援にどう関われるかを自問

――東日本大震災を機に、子どもたちがカートを体験できるイベントを継続されています。どんな目的で開催されたのでしょうか。

11年3月11日に発生した東日本大震災の約2週間後にインディカー・シリーズの開幕戦を控えていました。母国がこんな大変なときに自分がレースに参加していいのか、何かできることはないのか、とても悩みました。しかし、自分の活動を多くの方々が支援して下さっていることもあり、レースを続けることが被災地の応援になるのではと気持ちを切り替え、インディカー・シリーズに参戦しました。

そして「With you Japan」というプロジェクトを立ち上げ、天災にめげずに頑張る子どもたちへの長期的支援を目指して活動を始めました。最初は、ドライバー仲間やスタッフたちの応援メッセージを被災地に届けたり、米国の16州を回るインディカー・シリーズの合間に、開催地の州にある小学校に協力いただいて、授業の一環として日本の現状を伝えたりしました。一緒に悲しんでくれた米国の生徒たちが書いた励ましの手紙やアートワークの作品を被災地の子どもたちへ送りました。また自分の記念ヘルメットをはじめ、様々なチャリティーオークションなどを通じて募金活動を行いました。

被災地にも足を運びました。グラウンドがなくなり、原発事故の影響から外で遊べない子どもたちの現状を目の当たりにして、少しでも力になりたいと、ツインリンクもてぎや自動車メーカー各社にご協力いただき、11年8月には運動会を開催しました。ホンダやトヨタ、日産のドライバーなどメーカーの壁を超えて協力してくれて、体を動かすことを目的に、子どもたちと目一杯遊びました。

自分はレーシングドライバーなんだからレースという題材を使って復興イベントを開こうと14年に始めたのが、子どもたちにゴーカートを体験してもらう「キッズカートチャレンジ」です。最初は、被災地の子どもたちを100人ほど呼んで開催しました。

With you Japan ×Glico「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2019」 FINALの様子

―――開催してみてどんな感想を持たれましたか?

すごく面白い発見がありました。ゴーカートは、ほとんどの子が初体験でみんな知らない世界。喜ぶ男の子が多い中、恐らく車好きの両親に連れてこられた8歳ぐらいの女の子が、「怖くて、私には無理、できない」と言い出しました。でも、自分より小さい小学1年生がうれしそうに運転している姿を見て、悔しい気持ちもある。「とりあえず乗ってみる」と、加速してブレーキをかける練習から始め、ハンドルを切る練習などをし、少しずつ上達していきました。できるという感覚を体感し、夕方には1人でサーキットを走ってタイムトライアルに挑戦。チェッカーフラッグを受けた時の、ヘルメットの中は満面の笑みでしたね。

つまり、悔しい思いを経験することで、不可能だと思っていたことに挑戦する気持ちが湧いてくる。そして少しずつできるようになる成功体験が生まれ、最後はめちゃくちゃ楽しかったという達成感を味わえる。これがわずか1日で体験できる。普段の生活ではたやすく経験できないサーキットだからこそ得られる教育体験の一つではないかと思いました。

「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE 2019」 FINALで子どもを指導する佐藤琢磨さん

そんなチャレンジすることの素晴らしさを子どもたちに伝えたいという思いから、江崎グリコの協賛のもと、毎年さまざまなスローガンを掲げて少しずつ拡大をしてきました。16年のときは、関東の子どもたちと東北の子どもたちと一緒に組んで1台を5人で乗る耐久レースを開催しました。誰が何周走るかは自分たちで決めてもらい、強さを伸ばし弱い部分をどう補填するか考えてもらうので、子どもたちも楽しかったと思います。

次のページ
継続して見えてきたドライバー育成の可能性