AO受験では就活のような自己分析とプレゼン能力が問われる。志望者の多い難関大学では求められるレベルも高い。AO専門の塾に通うには多額の費用がかかるとなれば、学校のサポートを期待したくなるが、一部の高校を除けば教員のノウハウは乏しく、しかも進路指導以外にも多くの仕事をこなしているため、手間のかかるAO受験のサポートまで手が回らないのが実情だ。

AO入試の実績が少ない高校では、生徒側が調査書の作成を依頼しても学校側がなかなか応じてくれなかったり、「AOで複数校を併願し、入学辞退するケースが出ると高校の印象が悪くなる」と専願を求められたりするケースもあるという。

民泊で合宿・東京へ塾通い…

「AO受験において地方の生徒は圧倒的に不利」と話すのは、慶大SFC総合政策学部3年生の吉野裕斗さん。SFCは定員750人のうちAOでの募集が200人(21年度入学者からは300人に増員)とAO組が多く、名古屋市出身の吉野さんもそのひとりだが「首都圏でAO専門塾に通っていた生徒や、地方出身者でも何らかの方法で専門塾に通うことができた生徒が多い」という。吉野さんはAO専門塾に通うメンバーらと民泊で一軒家を借り、情報共有したりアドバイスしあったりした。

19年にAO受験を経て中央大学文学部に入学した伊藤勇気さんは高3の4月から毎週末、名古屋から都内のAO専門塾に通った。「金曜日の放課後にバスで東京に向かい、2泊して日曜の夜に帰宅。体力、費用の両面で苦しかったが、他に方法がなかった。他の受験生の併願状況を知ったり、合格した先輩から直接話を聞いたりできる環境があるかないかは大きな違い」と語る。

吉野さんは18年にAO専門塾「MyAO」(名古屋市)を立ち上げた。今は大学に在籍しながら、伊藤さんも一緒に高校生を指導している。対面で講義し、1週間後に生徒から課題の進捗状況の報告を受けながらオンラインでアドバイス。さらにその翌週、マンツーマンで志望理由書などの添削や面接・論文対策を指導するというサイクルを繰り返している。受講料は年間30万円程度に抑えている。

吉野さんは「一番重要なのは問いを投げ続けること。本人がどんな人生を生きてきたのか、何に興味があり、どんな問題意識を持っているのか、愚直に聞き続けます。その上で自分は何がしたくて、大学で何が学びたいかを見つけ、それを言語化してもらっている」という。「AO入試が拡大する中で、地方の希望者も増えてくるはず」とみて、居住地や親の経済力が受験の有利・不利を生まないよう、彼らのノウハウを全国に広げる計画だ。

AO入試は、1点刻みのペーパーテストに偏重した入試へのアンチテーゼとして生まれた。高校生がじっくりと自己を見つめ、長所を磨いて社会に貢献することを考えるという意味で「育てる入試」と言われる。しかし、一般入試と同じように、地域や親の収入による学習機会の差が課題になっているのは皮肉だ。書類のつくり方や面接スキルなど表層的な「対策」に終始するようになり、一般入試と同じ構図ができてしまうのでは元も子もない。将来の夢に向かう意欲や知見、豊かな生活体験といった中身を正当に評価する眼力を大学側には持っていてほしい。

(ライター 石臥薫子)

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
注目記事
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束