「人生100年じゃ足りない」 養老先生、元気の秘訣

「人生で今が一番楽しい」と語る養老孟司氏
「人生で今が一番楽しい」と語る養老孟司氏

「バカの壁」などのベストセラーで知られる東京大学名誉教授の養老孟司氏。東大医学部の解剖学の教授などを務めた医学者で、引退後は文筆や講演活動の傍ら、趣味の昆虫研究にいそしむ。現在82歳だが、「人生で今が一番楽しい。充実している」と話し、健康そのもの。養老先生の元気の秘密に迫った。

「東京は嫌いだな。たばこを吸うところがあんまりないからね」。今も毎日たばこ一箱はあける。肺がんの一因になるとの指摘もあるが、「ストレス解消のほうが大事だから」と気にしない。都内に来るのは講演などが入っている時ぐらいで、大半の時間は自宅のある鎌倉(神奈川県)や箱根(同)で過ごす。

養老先生は4歳の頃に父親が亡くなり、母子家庭で育った。中学高校はミッション系の名門校、栄光学園(鎌倉市)に通った。「面白い先生がいてね、昆虫分類のプロの先生も2人いた」。この学校を勧めた母親は当時では珍しい女医だった。戦後のどさくさの中で、食べ物に困らず、生き抜けたのは開業医だった母親のおかげ。「手に職があったほうがいい」といわれ、東大に入って医学部に進学した。

「東大教授ともあろうものが」は大きなお世話

しかし、もともと患者を直接診断したり、治療したりする臨床医には向いていないと思っていた。「僕は愛想がないから。理屈っぽいしね」。結局医学部を卒業してインターンを経た後、選んだのは解剖学の道だった。以来向き合ってきたのは遺体。「医療ミスだと訴えられることもないが、外科医などのように特別感謝されることもない」。1981年に東大教授となり、95年に退官するまで国内最高峰の「白い巨塔」で教べんをとったが、決して居心地はよくなかったという。

「国家公務員ともあろうものが、東大教授ともあろうものが、こんなところで飲んだくれていていいのか、とか言われると、大きなお世話だよってね。『ともあろうもの』はストレスのもとだ」という。東大医学部教授の発言は重く、影響力も大きい。不用意な言動は慎まなくていけない。57歳で退官後に他大学の教授になり、その後は文筆業や講演にシフト、どんどん自由な立場になった。2003年に出版されたバカの壁は実に400万部を超える大ベストセラーになった。解剖学の権威は一躍時の人になった。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
疲れ目・かすみ 目の健康守る
注目記事
次のページ
健診は受けない「カラダのことはカラダに任せる」