キャリアは続くよ壁越えて JR東89年入社の女性役員

JR東で営業・観光部門を担う阪本未来子常務執行役員
JR東で営業・観光部門を担う阪本未来子常務執行役員

JR東日本が誕生して33年。1987年の国鉄の分割・民営化で発足した鉄道会社は輸送・生活サービス企業に変貌した。典型的な「男の職場」は、今や女子学生の就職人気企業となった。その先頭を走ってきたのが事務系総合職の1期生として89年に入社した阪本未来子常務執行役員だ。数々の逆境を乗り越えてキャリアの階段を上り、現在はシニア向けの「大人の休日倶楽部」など営業・観光部門を担い、東奔西走する日々を過ごしている。

「あれ、女子も採用するんだ」。80年代後半のバブル経済期。就活活動を始めた阪本さんは、リクルートブックに載ったJR東の採用欄に目を留めた。東京女子大学で社会学を専攻、特に鉄道事業に興味があったわけではないが、JRに変わった駅員の対応に驚いた。それまでぶっきらぼうだった駅員が「おはようございます」と笑顔で毎朝挨拶してくれた。社名が変更されただけではなく、新たなサービスや自動改札機など設備が次々導入され、「JRは本当に変わった。エネルギッシュだ」と興味がわいた。

モデルなく、最初はいつも不安

平成元年(1989年)に総合職として入社、女性は34人採用された。技術系の女子社員はすでに入っていたが、事務系は初めて。当時は99%が男性の職場、駅のほかにも車両工場や保線区など各施設を回って研修を受けるが、女子トイレのない場所もあった。戸惑いもあったが、乗客の見えないところで、色々な人が働いていると新鮮だった。

当然、女性社員のロールモデルはいない。男性上司に相談しづらい案件もある。そんな時は同期の女性社員と課題を共有し、話し合いながら乗り越えた。総合職なので、職場は次々変わる。「最初はいつも不安、しんどかった」という。渋谷駅で新人時代を過ごし、本社以外に水戸、上野、大宮など関東の主要拠点で勤務した。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
渋谷駅の副駅長に、部下との関係学ぶ
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
疲れ目・かすみ 目の健康守る